二宮和也★普通に歩いたらアウト★ デビュー時のスケルトン衣装に言及

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「二宮和也★普通に歩いたらアウト★ デビュー時のスケルトン衣装に言及」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」の「冠バラエティー」「ニノさん」「日本テレビ系」です。「12月8日」の放送は、「SHOWROOM」「代表取締役社長・前田裕二、お笑い芸人・銀シャリ」の「鰻和弘」と「橋本直、タレント・滝沢カレン」を「ゲスト」に迎え、「お顔が気になる履歴書」という新企画が行われました。

同企画は、「“顔だけ”」が隠された一般人の履歴書を「二宮和也」らが審査し、気になった「1名」を「スタジオ」に呼ぶというものでした。まず紹介された履歴書は「忍者を目指している東大院生」「−50kgダイエットし、50回以上職務質問されたデザイナー」「元ヴィジュアル系バンドだった老舗温泉旅館の女将」の「3名」でした。それぞれ個性が強い「プロフィール」ですが、「二宮和也」は早速「でもさ、この1番の人。忍者目指しているなら、テレビ出ちゃダメじゃない?」と「ツッコミ」を入れ、「スタジオ」の笑いを誘います。




それぞれの履歴書を審査していく中、「−50kgダイエットし、50回以上職務質問された」という、「デザイナー兼服飾ブランド」の「代表・慈夢斎剛丸」「じゆうさいたけまる」氏の履歴書が、一同の目に留まります。「慈夢斎剛丸」は「北海道でレストランを営む家に生まれた22歳」「レストランで余ったご飯を食べていたら小6で68kg、中3で90kg、高2では108kgと体重が増える」「高3でかわいい系男子のファッションやメイクに目覚め、58kgまで減量」といった経歴で、好きな「ファッション」を突き詰めた結果、「50回」以上、職務質問されたそうです。

この「エピソード」に「橋本直」が「どんなファッションか気になる」と反応し、「二宮和也」も「最悪、素っ裸で出て来たらどうします?」と予想がつかない様子です。そんな中、「鰻和弘」が「実際ありましたよね?ほぼ裸見えてる」と、「嵐」が「デビュー曲」「A・RA・SHI」「1999年」を披露する際に着用していた、透ける「ビニール」の素材で作られた「ベスト」と「パンツ」、いわゆる「“スケルトン衣装”」について触れます。すると「二宮和也」は「俺らデビューの時スケスケだったもん」「「街で」普通に歩いたらアウトだね」と真顔で返答し、「スタジオ」は笑いに包まれます。

一方、「前田裕二社長」は「慈夢斎剛丸氏」について、「めちゃくちゃ大物になるかもしれないと思ってて。経営者って強烈なコンプレックスを持っている人が多いんですよ。絶対に見返してやるぞみたいなモチベーションで、つらくても頑張るみたいな」と持論を展開します。「小6」から「高2」までの多感な時期に、太っていたことで「強いコンプレックスを生んでいる可能性があるため、人より強いエネルギーを持っている」と推測し、「二宮和也」も興味深そうに聞いていました。




その後、全員一致で「慈夢斎剛丸氏」が選ばれ、「スタジオ」に登場することになります。歌舞伎役者のような白塗り「メイク」を施し、肩に「灯油ポンプ」を何本も挿した独創的な「ファッション」に身を包んだ「慈夢斎剛丸氏」が現れると、あまりの「インパクト」の強さに「スタジオ」がざわつきます。すると「慈夢斎剛丸氏」は「はい、慈夢斎剛丸です。どーもー」と軽やかに挨拶し、その「ギャップ」に「二宮和也」は大爆笑します。

そして、「慈夢斎剛丸氏」は「このメイクと衣装で有楽町線でスタジオまできた」「服飾のブランドをやっている」「今日は職質されていない」などと話した後、特技だという「北斗の拳のザコキャラ」の「モノマネ」をして去って行きました。

この放送に「ネット」上では、「確かにスケルトン衣装は職務質問レベルかも」「スケルトン衣装を上回る人が登場して驚いた!」「慈夢斎氏に大爆笑するニノの笑顔がかわいい」などの「コメント」が寄せられました。

「二宮和也」だけでなく「嵐メンバー」も「スケルトン衣装」の恥ずかしさを今もなお忘れられないようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました