元SMAP★ガキ使に出演決定★ジャニーズ圧力&忖度で頓挫

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「元SMAP★ガキ使に出演決定★ジャニーズ圧力&忖度で頓挫」の事をお伝えしたいと思います。

「元SMAP」の「稲垣吾郎」と「草なぎ剛、香取慎吾」が、大みそか放送の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」「日本テレビ系」の「恒例年越しスペシャル」「絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」に出演することが「一部メディア」で報じられました。この報道に、業界関係者は「3人の地上波番組への出演が、本格的に解禁されることになるかもしれない」と注目しているといいます。

「元SMAP」の「3人」が出演するという情報は、「ニュースサイト」「デイリー新潮」の「12月6日」配信記事や、「同10日」発売の「女性自身」「光文社」が報じました。「笑ってはいけない」は「“年末の目玉特番”」で、毎年さまざまな「ゲスト」が「サプライズ登場」し、大きな話題になりますが、「稲垣吾郎」らの出演は例年以上に反響を呼ぶでしょう。




「2017年9月8日」に「ジャニーズ事務所」を退所し、「同月22日」には「公式ファンサイト」「新しい地図」を立ち上げた「稲垣吾郎」と「草なぎ剛、香取慎吾」の「3人」です。昨年「11月」には「フラッシュ」が、その暮れの「笑ってはいけない」に「3人」の「出演プラン」が存在していたものの、「日テレ」が「ジャニーズサイド」に忖度したために実現しなかったという情報を伝えていました。

以前は「ジャニーズ」からの「3人をテレビで使うな」といった圧力に加え、局側が「ジャニーズ」に配慮して「3人を使わない」とする雰囲気が、業界中にまん延していました。そのため、彼らの出演は一部特例を除き、「SMAP時代」からの「レギュラー」のみ継続し、やがて「フェードアウト」していったのですが、今年「7月、ジャニーズ事務所」が「民放テレビ局」などに圧力をかけ、「3人」の出演を阻止した疑いがあるとして、公正取引委員会「公取委」から、「“注意”」を受けていたことが明らかになりました。「ジャニーズ」は、今年に入った頃から、「圧力などまったくない」としきりに「アピール」するようになったので、おそらく公取委の調査を受けて、態度を変えたものとみられます。

そもそも、「テレビ局」側が忖度すること自体、圧力の存在を認めていることに等しいのですが、今年は徐々に「キー局」の情報番組などで、「3人」の話題が取り上げられるようになりました。




現場では「3人を起用したい」という声が根強かったものの、今までは「ジャニーズ」に近しい「編成スタッフ」が「“NG”」をかけていました。今後は、「笑ってはいけない」を皮切りに、本格的な出演解禁となりそうです。さらに、「12月8日」配信の「ニュースサイト」「文春オンライン」が、「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」「テレビ東京系」の正月特番にも「3人」が出演すると報じ、翌日には「テレ東」が公式発表しました。

「2020年」の「3人」の活動は、「SMAP解散」直後とは様変わりすることになりそうですね。

解散以降「3人」を地上波番組で全くと言っていいほど見かけることがなくなっていたでけに「ファン」のとっては宝物の大晦日になりそうですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました