松岡昌宏★街中で彼女にビンタされる★過去のめんどくせえ恋愛を振り返る

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★街中で彼女にビンタされる★過去のめんどくせえ恋愛を振り返る」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO・松岡昌宏」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「TOKIO WALKER」「NACK5」です。「12月8日」の放送では、「松岡昌宏」が「“ポケベル”」にまつわる青春の思い出を明かす場面がありました。

「ポケベルを使ったことがない」という「リスナー」から、「思い出はありますか?」と質問された「松岡昌宏」は、「僕らが使ってたポケベルは数字が入るんですよね。で、この番号に電話してくださいっていう番号を入れるんですよ」と答えました。ちなみに、「松岡昌宏」の「ポケベル」には、「ジャニーズ事務所」の「スタッフ」や「メンバー」の電話番号がよく通知されていたそうです。




続けて「やっぱり、その時はやったのは、数字の語呂合わせですよ。あれはもう、みなさんもね、僕と同じ世代ならやった方いると思いますけど」といい、「僕だったら「“0316”」なんですね。ま・さ・ひ・ろですよね」など、数字で言葉を打ち込むのだと説明します。さらに「すごいはやったのが、「“141064”」。これはなんか、すげえ女子の中ではやってましたね。まあ、「“あ・い・し・て・る・よ”」です!」と、興奮気味に「“愛のメッセージ”」についても振り返っていました。

その後、「松岡昌宏」は「俺、ポケベルの思い出って言えば これテレビでも言ったことあるんだけどさ、多分」と前置きし、自身の高校時代を回想します。なんでも、「高校1年生」の時に交際していた彼女が、「松岡昌宏」と仲良くしていた女性の先輩に嫉妬していたのだそうです。「「彼女は」ヤキモチ焼きの子で。「何もない」って言ってんのに、「怪しい」みたいなことずっと言ってるから。もう、うるせーなと思って、めんどくせえからいいやと思ってたの」とのことで、先輩に恋愛感情はなかったものの、彼女とうまくいかなくなってしまったそうです。

さらに、彼女と話し合いをしている「タイミング」で、先輩から「ポケベル」に連絡が来たこともあったといいます。「松岡昌宏」はその際、彼女との関係をこれ以上悪化させないため、「おふくろ」からの連絡だと伝えたそうですが、彼女は「何でウソつくの?」「○○って名前だったでしょ!」と激怒し、街中で思い切り「ビンタ」されたそうです。「ちげえよ!おふくろっつってんじゃねえかよ!」と「松岡昌宏」が反論するも、彼女は「だって、私が「連絡を」入れたんだもん!」と明かしたのだそうです。




てっきり先輩からの連絡だと思った「松岡昌宏」は、「ひえ~!それはねえよ!ケンカしたくねえからウソついたのにさ、「やっぱりウソつくって怪しい!」って、めんどくせえ〜!」と苦笑します。さらに、この「エピソード」を当時「TOKIO」の「メンバー」に話したところ、大爆笑されたといいます。そんな中、「城島茂」だけは耳かきをしながら「ええなあ、青春や」と、しみじみしていたそうです。「松岡昌宏」は「どこの爺さんだよ?その時、あの男だってまだ21「歳」だぜ?」と笑い、「「ポケベルの思い出ありますか」っていうから、正直に話しましたよ」と話を締めたのでした。

若かりし「松岡昌宏」の「“トホホ”」な恋愛話だけでなく、いかにも「“城島茂らしい”」「エピソード」が「ファン」の笑いを誘う放送回となりました。

「高校1年生」の若かりし頃だからこそ面倒くさい恋愛ができたということでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました