KinKi★TOKIOが作った勝手なイメージ★どういうこと&なんやねんと抗議

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「KinKi★TOKIOが作った勝手なイメージ★どういうこと&なんやねんと抗議」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kids どんなもんヤ!」「文化放送」が「12月9日」深夜に放送され、この日は「堂本光一」と「堂本剛」が揃って登場しました。

番組冒頭、「V6」の「20th Century」が「ゲスト出演」した「TOKIOカケル」「10月23日放送、フジテレビ系」の中で、「松岡昌宏」が「スゴいと思う後輩」として「堂本光一」の名前を挙げていたと、「リスナー」から報告がありました。この「松岡昌宏」の発言に対し、番組内で「国分太一」は「「KinKi Kidsが2人」揃っているとうれしい」、「長瀬智也」も「2人が話していると、志村けんさんと加藤茶さんが話しているくらいレア」と、それぞれ「コメント」していました。




「堂本光一」はこの放送を見ていたようで、「国分太一」が「KinKi Kids」を「京本政樹とフレディ・マーキュリー」とたとえていたところも目撃したようです。これを聞き、「堂本剛」は爆笑しながら「俺、フレディやねんて。ヒゲ生やして、髪分けてるみたいな?どういうレアやねん?」と「ツッコミ」を入れ、「堂本光一」も「長瀬も長瀬で、志村けんさんと加藤茶さんって、なんやねん!?」と抗議しました。

このところ、「KinKi Kids・TOKIO・V6」の共演はめっきり減っているものの、同時期に「デビュー」し、一緒に「ジャニーズ」をけん引してきた「グループ」とあって、今でも強い絆があるようです。「堂本剛」が「やっぱりTOKIO、V6と昔いろいろ番組やったり、絡んだりすること多かったじゃないですか?」と振り返ると、「堂本光一」も「なんか同じ時代を生きてきたって感じがするよね」と共感します。「堂本剛」は「なんかやりたいけどね、面白いこと。なんか機会があったらいいけどな」と今後の可能性に期待しているようです。

また、「堂本光一」は「なんかホッとするかな。この世代と一緒にいると」と言い、大型音楽番組などで「TOKIO・V6」と顔を合わせた際は、あいさつをするだけでも「ちょっとホッとする感じ」になるのだそうです。「3グループ」が揃った時、独特の「“安心感”」が出ることについては、「堂本剛」も同意のようです。




この日の放送に「リスナー」からは、「お互い信頼し合ってるグループなんだね~。こういう同期の付き合いって、すごく大切だと思うな」「KinKi Kids×TOKIO×V6でなんかやってほしい!グダグダしゃべってるだけでも、ファンは大満足ですので「笑」」「KinKi Kidsにとっては「“実家”」みたいな感じなのかな。安心できる場所があるってステキ」といった声が寄せられました。

果たして「TOKIO、V6、」そして「KinKi Kids」の「コラボ」は実現するのでしょうか。今後の動きに期待が高まりますね。

「他グループ」から見ても「堂本光一&堂本剛」の阿吽の呼吸の素晴らしさが伝わってくるのかも知れないですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました