手越祐也★逃走中スタッフを泣かせる★マジで一番キツい&言われた訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「手越祐也★逃走中スタッフを泣かせる★マジで一番キツい&言われた訳」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」です。「12月10日」の放送は「手越祐也」が「ゲスト出演」し、「逃走中15周年記念!50周年のサザエさんとコラボSP」「11月23日放送、フジテレビ系」の裏話を明かしました。

「逃走中」とは、「テーマパーク」や「ショッピングセンター」を舞台にした大規模な「“鬼ごっこ”」で、出演者は「ハンター」と呼ばれる鬼から逃げ続けた時間に応じて、賞金を獲得できます。「1秒」ごとに賞金が増えていき、制限時間まで捕まらなければ高額賞金を「ゲット」できますが、「ハンター」に捕まると賞金をすべて失うことになります。ですが、途中で自首「リタイア」をすれば、その時点までに獲得した賞金を全額獲得できる「ルール」も存在します。




「手越祐也」は今回が「逃走中」初出演となり、放送前から「ファン」の間で話題になりました。実際の番組では、「ハンター」に追いかけられても俊足で逃げ切るなど大活躍を見せ、終盤で捕まってしまったものの、しっかりと爪痕を残していました。この放送を見た「リスナー」から「ハンターに追いかけられた感想などをお聞きしたいです」と質問が寄せられると、「小山慶一郎」も「そもそも「手越は」絶対的な負けず嫌いじゃん?」と問いかけ、「手越祐也」がどんな気持ちで挑戦したのか、興味津々の様子でした。

これに「手越祐也」は「燃えるよ、やっぱり!」「残りたいし、一番映りたいし、目立ちたい!」と声を張りつつ、「どういうものを求めて俺にオファーが来たかっていうのは、重々承知なわけ」と豪語します。賞金を狙うだけなら、どこかに隠れ続けたり、ある程度逃げて自首をする選択肢もありますが、「手越祐也」は番組側が「“してほしい”」と思っていることを察し、それに全力で応える思いで参加していたそうです。その結果、「隠れる」「自首する」という行動には出ず、「自分でハンターを見つけて、ハンターから逃げる」という行動を何度も繰り返していたといいます。

「ハンターに挟まれない限り、逃げ切れる自信があった」という「手越祐也」ですが、終了後には撮影を担当した「スタッフ」から、「今までの全出演者の中で、こんなにずっと動き回る人いないし、マジで一番キツかった!」と言われたのだそうです。「超キツくて、ホント吐くかと思いました」と感想を述べていた「ディレクター」もいたそうで、「手越祐也」の活躍は「“スタッフ泣かせ”」だったようです。




また、「手越祐也」は放送中にも「普段から視力は1.0あるけど、今コンタクトを入れて視力が1.5ある」と語っていましたが、「“負けず嫌い”」であるがゆえ、「オファーいたいだてからすぐに「コンタクトを」作りにいった」のだそうです。これには「小山慶一郎」も「ガチじゃん!?」と驚き、その熱意に圧倒されたのか、「もう1回出てほしいな」と「手越祐也」の再出演に期待を寄せていました。

この裏話を聞き、「ファン」は「手越くん、プロ意識が高くてカッコいい!ぜひまた出てほしい!」「自分のやりたいことよりも、求められたことをやるって姿勢が素晴らしいね」「スタッフさんがそこまで言うって、手越くんどんだけ!? 初登場とは思えないスゴさ」といった声が寄せられていました。

逃げも隠れもしない「手越祐也」の男らしさが「ファン」の胸を熱くしたようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。