永瀬廉★三宅諒選手&師弟関係結ぶ★気が合ってると言われた

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「永瀬廉★三宅諒選手&師弟関係結ぶ★気が合ってると言われた」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」にて、「2020年」に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、「King&Prince」の「MEDAL RUSH」が放送されています。「12月9~13日」は、「ロンドン五輪」で「団体・銀メダル」を獲得した「三宅諒選手」の指導のもと、「永瀬廉」が「フェンシング」に挑戦しました。「フェンシング」は、剣を当てられる有効な面「場所」などによって「フルーレ」「エペ」「サーブル」と「3つ」の種目に分かれており、今回は胴体だけの「フルーレ」を行うこととなりました。




まず「永瀬廉」は、対戦相手の胴体に風船をつけ「狙いを定めて割る」という練習を開始します。実践する「三宅諒選手」を見ながら「なるほど、なるほど、なるほど」と頷くも、その難しさにあっさり剣を手放し「リタイアで!」と宣言する「永瀬廉」です。「フェンシング」の「ルール」すら知らない段階では、この練習もかなり難易度が高かったようです。

ということで、まずは前に進む「マルシェ」、後ろに下がる「ロンペ」、大きく前に踏み込んで突く「ファンデブ」という、基本動作の練習をすることになります。ですが「永瀬廉」は、いきなり「マル「“ジェ”」」「ロン「“シェ”」」と技の名前を間違えてしまい、「三宅諒選手」が「全部違う!」と思わず「ツッコミ」ます。そんな中、「永瀬廉」が左利きだとわかると、「三宅諒選手」は「今、日本代表選手左利きめちゃ不足してる」と、急に「永瀬廉」へ期待を寄せます。これを聞き、「「自分が」救世主!?」と喜ぶ「永瀬廉」でしたが、「スタッフ」からは「“失笑”」されてしまうのでした。

練習が進むにつれ、「いいですよ、世界近づいてますよ!」と「三宅諒選手」におだてられ、「永瀬廉」は「とりあえず、アジアは見えてきました」と豪語します。実際に、「ランダムに点灯する的を突く」練習ができる「フェンシング」の「最新マシン」に挑戦したときには、「10回中6回」成功していました。「三宅諒選手」からも「できないと思ってたけど、思ってた以上にうまい」と褒められ、「永瀬廉」はさらに「まあ、アジアはとってるんで!」と調子に乗ります。ですが、放送では「いつ?」と、「ツッコミ」の「テロップ」が入っていました。




その後、「永瀬廉」は「防御」が得意な「タイプ」だとわかり、全方位を守る術として、「三宅諒選手」が「相手の突きを剣で絡めて受け流す」方法を伝授します。攻撃してくる「三宅諒選手」から、自身を守る防御の実践練習では、「三宅選手の攻撃を納豆のようにからめとっちゃいますから!」と自信満々の「永瀬廉」でしたが、実際は剣を「クルクル」と回しているだけでした。その様子に、「三宅諒選手」も「「剣を」グルグル回すだけで勝てるわけないでしょ。何やってるんですか」と呆れ気味になります。

終始、息の合ったやりとりを見せていた「永瀬廉」でしと「三宅諒選手」ですが、「ファン」からも「廉くんと三宅さんのやり取りが面白すぎ。まるで漫才だった「笑」」「三宅選手と廉くんの気が合ってる感じがよかった~!また何かの機会に共演してほしいな」「れんれんと三宅選手、息が合ってるというかノリが似てるというか。いい「“師弟関係”」を結べてる感じがして、見てて微笑ましかった!」と好評を得ていました。

「MEDAL RUSH」始まって以来、師弟関係を結べたことなど一度もなかっただけに「永瀬廉」の実力の高さがわかったように思えますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました