スノスト★デビューCDハイタッチ会★YOSHIKIに失礼&インフルで危険

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「スノスト★デビューCDハイタッチ会★YOSHIKIに失礼&インフルで危険」の事をお伝えしたいと思います。

来年「1月22日」、それぞれの「デビュー曲」を収録した「両A面シングル」を「リリース」する「SixTONES」と「Snow Man」です。先日、「SixTONES vs Snow Man 同時デビュー記念「スペシャルイベント+ハイタッチ会」」の開催が決まりましたが、「ファン」からはさまざまな理由で「ブーイング」の嵐が巻き起こっているといいます。

「2組」の「デビューシングル」は、「SixTONES」が「メイン」の「SixTONES vs Snow Man」として、「初回盤、with Snow Man盤、通常盤」の「3種」を販売します。また、「Snow Man」が「メイン」の「Snow Man vs SixTONES」名義も「初回盤、with SixTONES盤、通常盤」の「3種類」となるため、全形態揃えたい場合は最低でも「6枚」の購入が必要です。




「12月12日」には最新情報が解禁になり、来年「2月」が「東京」、「3月」に「札幌、大阪、福岡」で「SixTONES」と「Snow Man」による「スペシャルイベント+ハイタッチ会」の実施が明らかになりました。対象商品は「6種類」で、「CD封入」の「シリアルコード」で応募し、当選者のみが「イベント」に参加できる仕組みとなっています。日時の詳細は後日発表されますが、各地「2回」開催の「全8公演」を予定しているそうです。また、応募期間は「1月21~26日」の「午後11時59分」までとなっており、「オリコン週間シングルランキング」の数字を意識した「イベント」であることは明白のようです。抽選の「リリースイベント」がある場合、「ファン」は躍起になって「“大量買い”」する傾向にあります。

「ハイタッチ会」の知らせを受けて喜んでいる「ファン」も多いのですが、「ネット」上で「メンバー」を心配する声が続出しています。「SixTONES」は「1月4日~3月29日」まで「アリーナツアー」「TrackONE -IMPACT-」を行っているほか、「メンバー」の「松村北斗」は「1月期」の「連続ドラマ」「10の秘密」「フジテレビ系」に「ピアニスト役」で出演が決定しています。そのため、「インフルエンザやノロウイルスになる人が多い季節に、ハイタッチ会は危ない」「タレントに風邪ひかすつもり?これから仕事が盛りだくさんの人たちを、わざわざそんなリスクあるところに放り込まないで」「2月と3月って、SixTONESはツアー真っ只中。コンサートだけでも疲れるのにハイタッチ会まで?スケジュールが過酷すぎ」「ハイタッチ会、 ツアーやドラマがあるSixTONESたちの健康がただただ心配」と、早くも不安の声が上がっています。

また、過去に「女性アイドルグループ」の握手会で、参加者が刃物を振り回した事件や、発煙筒を投げ込むといった「トラブル」もあったため、「接触イベントはいらない。メンバーに変なこと言ったりするヤバい人がいたらどうするの?」「あれだけ女性アイドルのイベントで危ないことがあったのに、ジャニーズ事務所は何を考えてるんだろう」と、理解に苦しむ人もいるようです。とはいえ、「2018年5月」に「デビュー」した「King&Prince」は、「同6月」に東京と大阪で「シンデレラガール」の「発売記念トーク&ハイタッチイベント」を行っており、「ジャニーズタレント」たちによるこうした催し物は珍しいことではありません。

「SixTONES」の「デビュー曲」「Imitation Rain」は、「X JAPAN」の「YOSHIKI」が楽曲を提供しました。一部の「SixTONESファン」は「有名アーティスト」に作ってもらった曲にもかかわらず、「Snow Man」と「“合同のCD”」である点に納得していないようです。そこに加えて今回の「ハイタッチ会」開催とあり、怒りが爆発しています。「スノストが同じCDの時点で失礼だと思ってたけど、ハイタッチ会はないわ」「ハイタッチ会とかYOSHIKIさんに失礼だと思わないの?そもそも、Snow Manの曲を入れて売るのもおかしい」「YOSHIKIさんが作ってくれた曲をこんな形で売り出すのは失礼」と、否定的な「コメント」が多数出ていました。




一方、「11月27日」発売の「STAGE navi」「vol.38」「産経新聞出版」では、「SixTONESメンバー」が「CDセールス」について言及しています。「田中樹」が「なんでも数字で評価されるのは嫌だよね」と言うと、「森本慎太郎」が「日本はCDの売り上げをすごい気にするじゃない?CDの売り上げがいいといっぱい音楽が聴かれているというイメージがあるけど、1人が何十枚も買ってたりする状況だったりもする。でも、それこそ樹が言ってたみたいに、1人が100枚買う音楽じゃなくて、100人が1枚ずつ買う音楽を目指したい」と宣言しています。もちろん、売り上げが大事だと捉えている「メンバー」もいましたが、「田中樹」は「そういうミリオンを目指したいな」などと、理想を語っていたのです。

彼らの「ファン」はこうした「メンバー」の思いを知っているからこそ、「“ハイタッチ会のおかげで売り上げ増加”」となる可能性が強いことに対し、複雑な感情を抱いているのでしょう。「ハイタッチ会はSixTONESの信念に合ってない」「SixTONESの思いが事務所に伝わってなくて切ない」と、事務所への失望の声が相次いでいます。

「King&Prince」の「シンデレラガール」は発売初日に「31.8万枚」を記録しましたが、果たして「SixTONES」と「Snow Man」の「シングル」はどこまで数字が伸びるのでしょうか。

季節柄「スノストメンバー」の体調面が気になるところですが、一致団結し頑張ってほしいですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました