森田剛★長期休養情報★主演舞台を区切りに宮沢りえ&妊活

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「森田剛★長期休養情報★主演舞台を区切りに宮沢りえ&妊活」の事をお伝えしたいと思います。

現在の英国演劇界を牽引する「劇作家、サイモン・スティーヴンス」の最新作「FORTUNE」「東京芸術劇場」の初演が「1カ月後」に迫っています。同作は「母国・英国」に先駆けて日本で上演されます。演出は英国を代表する劇場「リリック・シアター」で芸術監督を「10年間」務めた演劇界の「大御所、ショーン・ホームズ」です。非常に緻密で、役者泣かせの演出家として英国演劇界では有名な存在です。

そんな舞台で主演の「フォーチュン役」を務めるのが「森田剛」です。「名誉と財産」、そして恋人の歓心を買うために悪魔に魂を売ってしまう映画監督を演じます。そんな「森田剛」が思いを寄せる相手役は「吉岡里帆」です。若くて美しい既婚の「映画プロデューサー」を演じます。

英国演劇界を代表する劇作家の作品で、繊細な演出力が評判の演出家が演出を担当するということで、出演者の間では台本を読む段階から重苦しい空気が漂っています。

こう証言するのは同舞台の関係者ですが、「芸能マスコミ」のこの話題作に対する「“捉え方”」は少々違うようです。




「2018年」の「宮沢りえ」との結婚以来、女性誌などで定期的に「“良き夫&良きパパ”」ぶりが報道される「森田剛」ですが、若い頃は「ジャニーズ事務所」の中でも「一、二」を争う「モテ男」として鳴らしました。

そんな「森田剛」が久々に大きな舞台に出演し、なおかつその相手は業界では「“共演者キラー”」の異名を持つ「吉岡里帆」です。「これはきっと何かありそうだ」と読んだ一部週刊誌は、稽古段階からこの舞台の動きを早々と「マーク」しているとも聞ききます。

さすがにこんな大舞台の上演前に「スキャンダル」が公になることは考えにくいのですが、東京公演を終えたあとに「松本、森ノ宮、北九州」と「1カ月」近く地方公演が続きます。この頃になると役者の頭の中にはしっかりと「セリフ」も入っていますし、精神的にも解放されてきます。さらに地方ならではの解放感も加わり、「芸能マスコミ」の目も届きにくくなることから、「タレント」は知らず知らずのうちに羽を伸ばしがちになります。

最近報じられた、「神田沙也加」の不倫報道も、まさにこの「パターン」といえます。「神田沙也加」は今年「7月」の舞台「SHOW BOY」で「ジャニーズJr」の「メンバー・秋山大河」と「“深い関係”」になったとされますが、きっかけは地方公演だったといわれています。

ほとんど毎日のように稽古で顔を合わせ、地方公演では主催者側が用意した同じ「ホテル」に宿泊することもあります。若い男女ですから、どうにかならない方がむしろ不自然という声もあります。




こうした心配とはまったく異なる別の情報も流れてきました。この舞台を区切りにして、「森田剛」が「“長期休養”」に入るのではないかという噂です。

女性誌などは、「宮沢りえ」との「“妊活”」が目的で「森田剛」が休養するのではないかとみているようですが、理由はそれだけではないようです。今年「7月」に恩師の「ジャニー喜多川社長」が亡くなったことで、将来について思うところがいろいろとあるのではないでしょうか。

同じ「V6」の「メンバー・岡田准一」をめぐる慌ただしい動きや、新体制となった「ジャニーズ事務所」の新しい経営方針をめぐる「森田剛」なりの特別な思いも交錯しているのかもしません。

さまざまな意味で、にわかに「森田剛」から目が離せなくなったといえるでしょう。

長期休養情報が最悪の「脱退&退所」に繋がらないことを祈りたいですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました