山田涼介★大人力検定で意味深発言★ごまかしごまかし生きてますから

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「山田涼介★大人力検定で意味深発言★ごまかしごまかし生きてますから」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系、12月14日放送」に「メンバー全員」が登場し、新企画「大人力検定」が行われました。この企画は、社会人が直面する「こんな時どうすればいいの?」という状況に、「メンバー」が「“大人な行動”」で対応できるのか検定する「コーナー」です。「マナー講師」の「平林都先生」が、それぞれの対応を「ジャッジ」します。

「オフィスで同僚と会社の悪口を言っていたら、社長に聞かれていました。さあどうする?」というお題では、「山田涼介」が自ら進んで挑戦します。「知念侑李」が「こういうの得意だもんね」と声を掛けると、「山田涼介」は「得意、得意、大得意です!」と自信を見せつつ、「ごまかしごまかし生きてますから」と意味深な発言をしていました。




早速、「スタジオ」内に作られた「オフィス」の「セット」にて、「山田涼介」は同僚役の男性に向かって「給料安すぎない?月給2万ってどうなってるの?社長の懐にどんだけ入ってるのって話じゃん?」など、腕を組みながら社長の悪口を言う。そんな山田の後ろから突然社長が登場すると、山田は座ったまま社長を見上げて「お疲れ様です」と、引きつった顔であいさつします。これに「平林都先生」は「上司に座ったまま、しかもふんぞり返ったままであいさつする」のは「NG」だとし、「山田涼介」の挑戦は大失敗してしまうのでした。

次は「有岡大貴」が挑戦することになり、「Wi-Fiも弱い」などと会社に対する不満を「ポロリ」。さらに「ケチだし、社食もまずいし」と言ったところで、社長が登場します。「有岡大貴」は立ち上がり「お勤めご苦労様です!」と、何事もなかったかのようにあいさつします。会社の不満を言っていたのではないかと社長に問い詰められると、「有岡大貴」は「僕らの意見じゃなくて、そういう意見がネットに上がってるよっていう」と言い訳します。ここで「平林都先生」は「人のせいにするなんて、もってのほか!」と言い放ち、「有岡大貴」も「NG」な対応となりました。

最後は、「ドラマ」「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」「同、2016年」で「ビジネスマン役」として主演を務めたこともある、「中島裕翔」の挑戦でした。「働く時間がブラックすぎる。だってさ、俺らこんな所でさ、社長はいい所で」と悪口を言っていると、社長が登場します。「中島健人」は即座に立ち上がり、まずは「お疲れ様です、社長」とあいさつします。悪口について問い詰められると、素直に「すみません」と謝罪し、「中島健人」は「これは社内の正直な声でもあります。こういったところを改善点として、例えばみんなが意見を言える箱を作ったりして」と、会社の問題点を解決したいと社長に提案します。この対応に「平林都先生」は「すごい!」と称賛を送り、「中島裕翔」は見事「大人力検定」に合格しました。




また、迫真の演技を見せた「中島裕翔」に対し、「高木雄也」と「山田涼介」は思わず「ドラマだな」とつぶやき、「中島劇場」と名付けます。その後の「上司の不倫現場に出くわしたら?」というお題にも、「山田涼介」が「「“中島劇場”」が見たい!」と「リクエスト」し、急きょ挑戦することになった「中島裕翔」でした。「ドラマの時より緊張する」と怯えながらも要望に応え、「メンバー」からは歓声が上がっていました。

この放送には「ファン」からも、「裕翔くんの演技力が高すぎて、「いたジャン」のコーナーがドラマのワンシーンになってるのすごすぎ「笑」」「中島劇場、クオリティが高すぎるぞ!リクエストしてでも見たい気持ち、よくわかる」「これはまた裕翔くんにドラマのオファーが来ちゃうな~!楽しみだな~!」といった声が寄せられていました。

「山田涼介」の意味深発言には「ファン」も謎が解けないままで「イライラ」してしまいますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました