二宮和也★結婚タイミングに嵐メンバーの反対あった★ツアー終わるまで待って

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「二宮和也★結婚タイミングに嵐メンバーの反対あった★ツアー終わるまで待って」の事をお伝えしたいと思います。

「11月」に「二宮和也」が結婚したことで、「嵐メンバー」の亀裂が囁かれるようになっています。特に「松本潤」と「二宮和也」の断絶は深刻だとの見方もありますが、「16日」に東京都内で開かれた「イベント」での「二宮和也」の発言が、さらに波紋を広げています。

「16日」、「2020年用年賀状受付開始セレモニー」に登壇した「二宮和也」と「櫻井翔」です。「芸能リポーター」に「結婚生活はどうですか」と水を向けられた「二宮和也」は、普通っていうか変わらないですよと飄々とした態度を崩しませんでしたが、「ファン」や「メンバー」への思いを語りました。

そして結婚発表の「タイミング」が、「嵐」が活動を休止する「2020年末」以降でなく、「コンサートツアー」中でもある「2019年11月」になった理由についても説明しました。奉祝の儀など大きな仕事をいくつか終えた「タイミング」だったため、だといいます。




「ジャニーズ事務所」とは前々から結婚時期について相談していたそうで、この「タイミング」は事務所の了承あってのことだとも。

ですが波紋を呼んでいるのは、「嵐メンバー」の反応についてです。

この言葉に、「活動休止まで待ってほしいメンバーもいたってこと?」「コンサートツアー終わるまで待って、とメンバーに言われたのに強行したなんて」と、驚き嘆く声が「SNS」で盛んに交わされています。

また、「二宮和也」の結婚発表翌日には、「櫻井翔」と「相葉雅紀」が祝福の「コメント」を発表していますが、「大野智」と「松本潤」は現在に至るまでそのような「コメント」を公に出していません。そのため、「大野智」と「松本潤」は「二宮和也」の「結婚タイミング」に納得していないのではないかと「ファン間」で噂になっていましたが、「イベント」での「二宮和也」の発言がそれを裏付ける格好になりました。




とはいえ、「二宮和也」自身、「歩み寄った」とも言っています。ともすれば何年も前から結婚の意思を「メンバー」や事務所に伝えていたものの、今秋まで引き延ばされてきた可能性もあります。何も、「二宮和也」が好き勝手に「ワガママ」を貫いたわけではないでしょう。

多くの「ファン」を抱え、「チーム」として活動していくにあたり、個人の決断が尊重されないことがあるのは致し方ないことです。けれども「二宮和也」にとってこの結婚は、決して犠牲にできない大切なことだったのではないでしょうか。

もう以前のような仲の良い「嵐」は見られないのか と嘆く「ファン」も多いのですが、残り一年、「嵐」の活動は続いていきます。「ファン」が信じるような強い絆があるのならば、時間をかけて関係を修復していくこともできるかもしれないですね。

「二宮和也&メンバー」との考え方や気持ちの「ズレ」があったことは間違いなさそうですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました