加藤シゲアキ★新潮社から異例の好待遇★小山慶一郎との明暗を分けた未成年飲酒騒動

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「加藤シゲアキ★新潮社から異例の好待遇★小山慶一郎との明暗を分けた未成年飲酒騒動」の事をお伝えしたいと思います。

「12月21日」発売の文芸誌「小説新潮」「新潮社」「2020年1月号」より、「NEWS・加藤シゲアキ」の長編連載「オルタネート」が「スタート」するといいます。昨年「6月、ウェブサイト」「文春オンライン」に未成年との飲酒同席騒動を報じられ、「グループ」の存続まで危ぶまれていましたが、現在の「加藤シゲアキ」の活動は、「スキャンダル」の「“残り香”」を感じさせないほど順調のようです。

新潮社の発表によると、同連載は高校生が主人公の学園青春小説だといい、作品に加えて、本人の「ロングインタビュー」も掲載予定だといいます。




「デビュー作」となった単行本「ピンクとグレー」「角川文庫」など、すでに小説家としての実績はある「加藤シゲアキ」ですが、新潮社は「小説新潮」での「ロングインタビュー」に加えて、発行部数も「大幅アップ」で発売に臨むなど、「加藤シゲアキ」に異例の好待遇を行うようです。同社は近年、「週刊新潮」に「メリー喜多川会長」の「インタビュー」を掲載したり、「King&Prince」の「カレンダー」を制作するなど、急激に「ジャニーズ」と距離を縮めているため、連載の話自体、「トントン拍子」に決まったのではないでしょうか。

そんな「加藤シゲアキ」の「スキャンダル」は、昨年「5月」に勃発しました。同じ「NEWS」の「小山慶一郎」とともに飲み会に参加した際の音声が「ネット」上に流出しました。その席には「NEWSファン」とみられる未成年女性も参加しており、最終的に「ジャニーズサイド」はこれらを事実だと認めました。

「小山慶一郎」は音声の中で、未成年女性に一気飲みを促す様子が確認され、「約3週間」の謹慎と、長年「キャスター」を務めていた「news every.」「日本テレビ系」の実質降板という処分となりました。一方の「加藤シゲアキ」は、飲酒をあおる等の行為は、音声内に認められなかったためか、厳重注意と「金曜コメンテーター」を務めていた「ビビット」「TBS系」での生謝罪をもって、この件については「“精算”」されたようです。




同年末に、「加藤シゲアキ」は「犬神家の一族」「フジテレビ系」に出演し、今年も「12月21日」に最新作「悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~」の放送を控えています。

一方の「小山慶一郎」も、今年「7月」より「健康促進バラエティー番組」「小山慶一郎の健者BORDER30~専門医が導く健康への分かれ道~」「バラいろダンディ」「ともにTOKYO MX」と「2本」の「レギュラー」を獲得するも、「ネット」上では「MX落ち」と揶揄されるようになりました。日本を代表する文芸誌で、書き下ろしの連載を始める「加藤シゲアキ」に比べれば、やや見劣りする展開です。流出した音声の内容によって、両者の明暗は分かれたのかもしれません。

昨年、世間はもちろん、「ファン」の信用をも失ってしまった両者ですが、「小説家」という肩書を持っていた「加藤シゲアキ」は、「小山慶一郎」に比べて幸運だったのかもしれませんね。

「加藤シゲアキ」も清算はされたものの運が悪ければ今の好待遇はなかったでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました