三宅健★要望送るファンにラジオでチクリ★お問い合わせは、ごめんこうむる

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「三宅健★要望送るファンにラジオでチクリ★お問い合わせは、ごめんこうむる」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」です。「12月16日」深夜の放送回では、「ジャニーズ」の「コンサート」などで使用されている「“デジタルチケット”」について言及しました。




今回の放送で「リスナー」から、「ついにKinKi Kidsのコンサートチケットがデジタルチケットになったという話を小耳にはさみました。私は席を先に知ることができ、会える実感がわく紙チケットの方が好きです。V6の25周年コンサートは紙チケのまま継続してください」という「メッセージ」が届くと、「三宅健」は「わかる!すごいわかる!」と力強く同意します。

最近では、「コンサートチケット」の転売防止などの理由から、「スマートフォン」等に送られる「QRコード」を入場の際に提示する「デジタルチケット」、通称「“デジチケ”」が使用されるようになり、「ジャニーズ」の「コンサート」でも主流になってきています。これにより、転売や「チケット紛失」などの「トラブル」が格段に減ったものの、「当日にならないと座席がわからない」「QRコードがうまく表示されない」といった不満があり、「“紙チケット”」を支持する「ファン」も少なくありません。

この問題に「三宅健」は、「コンサートチケットってすごく記念となるものだと思うので、チケットを紙として保存したいという人の気持ちもわかる。送られてきたチケットで座席表を見たりとかして、ワクワクしながらコンサート当日を迎えるわけですから」と、「“紙チケット派”」の意見に共感しています。今後行われる「V6」の「コンサート」については、「どうなるかわからないですけど」と前置きした上で、「V6はほかのグループに比べても、デジタル化が遅れているグループという感じもありますから。「紙チケットのままという」望みはあるかもしれないですけど はっきりとは明言できない」とのことでした。




そんな話をしつつ、「V6」や「ジャニーズ」に関連する意見や要望が、なぜか自身のところに届くことが多いと明かした「三宅健」です。「先に言っておきますけど、このラジオは「“カスタマーセンター”」ではないので。要望などのお問い合わせは、ごめんこうむります」と、「リスナー」にやんわり釘を刺していたのでした。

この放送に「ネット」上では、「健くんはすごく優しいしファン思いだけど、「何かあったら健くんに言えばいい」みたいに思われるのは困るよね」「健くんに言いやすいのはわかるけど、V6の窓口が健くんになりがちなのは、たまに引っかかる」「常々思っていたことを、本人の口から聞けてよかった。私は健くんの近況報告とか、そういう話が聞きたいので」といった「コメント」が寄せられており、「三宅健」の「“カスタマーセンター化”」に「モヤモヤ」していた「ファン」は多かったようです。

「ファン」だからと言って要望や希望を叶えてくれると思いこんでいるのがそもそもの間違いだと気づいてほしいですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました