ジャニーズウェブ★6日間ダウン★復旧後もファン不信感&最大級の惨事

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「ジャニーズウェブ★6日間ダウン★復旧後もファン不信感&最大級の惨事」の事をお伝えしたいと思います。

突如、不具合が発生し、「12月12日」より一時的に「サービス」を停止していた「ジャニーズ事務所」の「公式携帯サイト・Johnny’s web」です。「18日」にようやく「サイト」が閲覧できるようになり、公開を待ち望んでいた「ファン」からは歓喜の声が続出しています。その一方、原因の説明が不十分だと感じている「ユーザー」の間では、「事務所の誠意が伝わってこない」といった不満も噴出しています。個人情報の流出を心配する「コメント」も上がっているといいます。

「2003年5月」に「スタート」した「Johnny’s web」は、「ジャニーズアーティスト」の日記など、充実の「オリジナルコンテンツ」を配信している「モバイルサイト」です。「月額300円」「税抜」の有料制で、今年「7月1日」には、「サイト」の運営が「株式会社アートバンク」から、「株式会社ヤング・コミュニケーション」に移行しました。「サイト」上の主な変更点はなく、通常通りの更新が続いていたものの、何の前触れもなく「12月12日」「午後3時」頃に異常を訴える書き込みが「ネット」上に続出しました。




例えば、「スマートフォン」の「ホーム画面」の「アイコン」が「サイト」の「ロゴマーク」から「Kis-My-Ft2」の画像に変わっていたほか、「ページ」を開くと突然「タレント」の写真が表示されるなどの異常が見られ、「Johnny’s webがバグってる」「これまでずっとジャニウェブ見てきたけど、今回みたいなケースは初めて」と大きな話題になりました。わずかながら、他人の「マイページ」や、「メールアドレス」が画面に出たという報告が上がり、「ハッキングされているような状態ではないか」との指摘もありました。「個人情報を抜き取られる可能性があるから、今はアクセスするのやめた方がいい」と危機感を煽る「ツイート」も流れました。

その後、「PC版」の「事務所公式サイト」の「Johnny’s net」上で、「12日」「午後5時」現在のお知らせとして、「緊急メンテナンスのため、Johnny’s webのサービスを停止しております」と、「アナウンス」しました。ですが「1日」たっても改善されず、「翌13日」「午後4時」に「今回の事象は、不正アクセス等の外的要因ではないことを確認いたしました」と発表しました。翌日の「午後10時」にも同様の主張を繰り返した上で、「皆様の個人情報が流出しているようなことはございません」と断言したのですが。

実は、「Johnny’s web」が開けなくなった後から、「同サイト」に登録している「メールアドレス」に「迷惑メールが届くようになった」などと困惑している「ファン」の「ツイート」が数件見受けられたようです。運営側は個人情報の流出を否定しているだけに、もちろん偶然の可能性は考えられますが、「タイミング」の問題もあって、「Johnny’s web」の不具合との関連性を疑う人も少なくありませんでした。また、「マイページに他人の登録情報が表示されたって話が本当なら、その時点で個人情報が流出してると思うんだけど」「外的要因じゃないなら、なぜこんなに復旧に時間かかってるの?」と疑問の声も出ていました。

そして、「17日」「午後10時」に「今回の事象の原因は、Johnny’s webが利用しております外部インフラサービスの不具合と判明いたしました。現在、外部インフラサービスが復旧作業を行っており、その完了を待って当社がサービス再開の作業を開始する予定です」と、説明しました。「18日」の再開後は更新を休んでいた間の日記などが続々と「アップ」され、待ちわびていた「ファン」からは「ジャニウェブが復活して本当によかった。自分にとってどれだけ大きな存在か、初めてわかった」「ジャニウェブがある生活が幸せすぎる」と歓喜の声が相次いでいます。「ジャニーズ」は「サービス再開」の報告とともに「ユーザー」に謝罪し、「今回の経験を生かして、より安全に、安心してお楽しみいただくことができるJohnny’s webを目指してまいります」と、決意表明していました。




とはいえ、前述のように「サイト」側の説明は「外部インフラサービスの不具合」というもので、これには「外部インフラといっても、何が原因だったのか、どういう対策したのかを消費者に告知すべきでは?」「不具合の原因が説明不足。私たちはお金を払って利用しているわけだから、もう少しわかりやすい説明をしてほしかった」などと、怒りの声も聞かれます。さらに、「外部インフラの不具合なら、もっと原因の判明が早いし、同じサービスを使用しているほかのサイトも同様にダウンすると思うんだけど 不思議」「「外部インフラが原因で個人情報は流出してない」とアナウンスしてたけど、怖すぎるから、登録してるアドレスやパスワードも変更する」と、一度抱いた不信感はなかなか拭えないようです。

「7月」に運営会社が変わったことが今回の一件に関係しているかはどうかは定かではありません。いずれにしても、「Johnny’s web」の「サービス開始」以来、最大級の「トラブル」となりました。また、「Johnny’s web」側は「サイト」が正しく表示されない場合は端末の閲覧履歴を削除し、「トップページ」から「再ログイン」するよう呼びかけています。ですが、「アプリ版」を利用していた「一部ユーザー」は「Johnnys’webのアプリが開けなくなった。ウェブブラウザなら見れるけど、月額料を払ってるのに とモヤモヤする」「Johnny’s webのアプリを起動しても「停止しました」って出てくるから再インストールしようとしたら、アプリストアを探してもない。その説明は?」「開こうとするとアプリが落ちるから、まだジャニウェブは完全復旧じゃないのかな?」と、戸惑っています。

今回の運営側の対応に納得していない「ファン」も多いのですが、あらためて「エラー」に関する詳細は明かされるのでしょうか。

「ユーザー」に対する「説明不足&謝罪」対応には不信感を抱いてしまうのは仕方のないことですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました