千賀健永★キスブサでビンタ★言い訳が苦しすぎる&酷評された訳

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「千賀健永★キスブサでビンタ★言い訳が苦しすぎる&酷評された訳」の事をお伝えしたいと思います。

「Kis-My-Ft2」の冠番組「キスマイ超BUSAIKU!?」「フジテレビ系」が、「12月19日」深夜に放送されました。この日は「ゲスト審査員」として、「タレント・若槻千夏」と「サラ」、「歌手・鈴木亜美」が登場しました。「彼女へのクリスマスプレゼントが去年あげたモノと一緒だった時」の対応に、「Kis-My-Ft2メンバー」が「チャレンジ」することとなりました。

この日、最も低い点数を取ったのは「千賀健永」でした。彼女に「クリスマスプレゼント」として「ピアス」を渡し、「去年と同じもの」だと指摘された「千賀健永」は、「多分一緒だな」と開き直ります。さらに、「よかった。気づいてくれた安心」と、戸惑う彼女の手から「ピアス」を回収し、「実はこれ指輪なの」「最近出てきたアクセサリーブランドで、変わった形してるんだよね」と、「ピアス」ではなく指輪だと押し通し始めました。




さらに「千賀健永」は膝をつき、「指を貸して」と薬指に無理やり「ピアス」を入れるも、もちろん関節で止まって入りません。にもかかわらず、きりっとした表情で「メリークリスマス」とささやき、最後は彼女に「ビンタ」をくらっていました。

これには審査員も大爆笑で、「若槻千夏」は「採点もなにもビンタされてるじゃん!」と「猛ツッコミ」します。総合得点は「2点」で、「若槻千夏」はさらに「ビンタされてますから。それが答えですよ。0点ですよ」「言い訳が苦しすぎる」と苦言を呈していました。

ですが、お題が難しすぎるのか、ほかの「メンバー」も苦戦し、低得点が続出します。最後には安定の「藤ヶ谷太輔」が登場しましたが、「プレゼント同じじゃない?」と指摘されると、「藤ヶ谷大輔」は「冗談だよ。同じプレゼントに同じモノを被せるっていう冗談だったんだけど」と苦しい言い訳です。「面白くなかった?2個じゃ伝わらないか」と言い、「2023年」の「クリスマスプレゼント」に場面が切り替わります。その年も同じ「ピアス」を「プレゼント」し、「5年も一緒にいられるってちょっと感慨深いよね。でもね、俺はねこれからもずっと一緒にいたいのよ。これからも末永くよろしくお願いします」「来年も楽しみにしていてください」と、毎年の恒例行事にしていくという「新パターン」を披露します。ですが、あまり点数は伸びず、「58点」となってしまいました。




これに「横尾渉」は、「泥仕合ですよ!」と漏らし、「スタジオ」は爆笑します。とはいえ、「若槻千夏」は満点をつけ、「バカ殿様のコント見てるみたいで面白かった」と恋愛要素抜きの採点をしていたようでした。

この日の放送に視聴者からは、「この対応は難しすぎるでしょ!」「千賀くん、点数は低かったけどギャグっぽくてよかった」「5年連続同じプレゼントって、面白すぎる」という声が集まりました。

高得点常連の「藤ヶ谷大輔」さえもが「58点」と苦しむ訳ですから「他メンバー」が苦しむのも仕方がないですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました