神宮寺勇太★ZIP!で見せた行動★アイドルの鑑&ファンが称賛した訳

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「神宮寺勇太★ZIP!で見せた行動★アイドルの鑑&ファンが称賛した訳」の事をお伝えしたいと思います。

「2020年」開催の「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」で放送中の「King&Prince」「MEDAL RUSH」です。「12月16~20日」は、「リオデジャネイロ五輪日本代表・長谷川大悟選手」の指導のもと、「神宮寺勇太」が「三段跳び」に挑戦しました。




「三段跳び」の世界記録は、「3歩」の助走を含み「18メートル29センチです。わずか「3歩」の助走で、電車の車両「約1台分」も跳んでいるということになりますが、「絶対行けないです」と「神宮寺勇太」は自信がなさそうです。早速、挑戦してみたものの、助走と「ジャンプ」が合わず「無理、無理、無理」と断念します。「めっちゃ怖いスポーツだ」と怯える「神宮寺勇太」でした。

その後、「長谷川大悟選手」から踏み切りを学び、再び挑戦することになります。一般的に三段跳びは、軸足が左なら「左・左・右」と最初の「2歩」は同じ足で踏み切るのですが、同じ足で連続して踏み切るのは難しく、「ドタバタ」しながら砂場まで「ジャンプ」しました。記録は「7メートル40センチ」と不甲斐ない結果に終わったものの、「長谷川大悟選手」は「スゴイなって。そもそもつながらない人が多いので。もう完璧っすね」と、まさかの大絶賛です。これにはさすがの「神宮寺勇太」も「絶対ウソだ」とつぶやいていましたが、「長谷川大悟選手」は「かっこよかったんで」とさらに褒めるのでした。

「トップ選手」の場合、着地した時にかかる片足への衝撃は「約1トン」だそうです。そこで、選手たちが行っている、片足だけで連続して「ジャンプ」する「片足ジャンプスクワット」という「トレーニング」に「神宮寺勇太」も挑戦します。「ハード」な「トレーニング」後でも笑顔を絶やさない「神宮寺勇太」に、「スタッフ」が「楽勝ですね」と声をかけると、「楽勝じゃない」と実際は「ヘトヘト」の様子でした。




さらに「着地」の練習では、最初は「痛い」と言っていたものの、着地した足の下にお尻を滑り込ませるお手本の姿を見て「カッコいい!この最後のアクションがカッコいい!」と俄然やる気になります。見事着地を決めた「神宮寺勇太」は、「これがセンスってやつですね」とまたも褒められていました。

その後も「ハード」な練習の時ほど笑顔になっていた「神宮寺勇太」です。そんな姿に「ファン」からは「キツい時こそ笑うって、アイドル人生が詰まってるな」「キツくても頑張って、こんな笑顔見せてくれる神宮寺くんは、最高にかっこいい!」「アイドルの鑑だね」との声が寄せられていました。

「トップアイドル」になるには相当な覚悟と根性が必要ですよね。今の「神宮寺勇太」があるのも辛抱強く笑顔で耐えてきたからこそですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました