松岡昌宏★視聴者の気持ちは全部汲めない&断言★テレビに対するこだわりを熱弁

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★視聴者の気持ちは全部汲めない&断言★テレビに対するこだわりを熱弁」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO・松岡昌宏」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「TOKIO WALKER」「NACK5」です。「12月22日」の放送では、「松岡昌宏」が現在の「テレビ業界」について熱く語る場面がありました。

「リスナー」から「今年、松岡の演じる役柄は女の人や死人と幅広かった。振り返ってみてどうだったか?」という趣旨の質問が届き、「松岡昌宏」は「面白いですよ。ありふれたものをやりたくないので」と「キッパリ」答えます。




確かに「2019年」の「松岡昌宏」は、「第3シリーズ」に突入した人気作「家政夫のミタゾノ」「テレビ朝日系」で女装姿を見せ、「死役所」「テレビ東京系」では死後の世界で働く主人公を熱演しました。さらには、「スペシャルドラマ」「必殺仕事人2019」「テレビ朝日系」では時代劇にも登場しています。

いろいろな「ジャンル」から「出演オファー」が来ることについて、「松岡昌宏」は「役者と言わせてもらえるんであれば、そういった人間にはうれしいことなんで。本当によくわかんない偽善の役から、本当に優しい人から、心に血が通ってないような人の役までやりたいなと思いますし、そこを演じる喜びみたいなものは常にある」と感謝しているそうです。

どんな役が回ってきてもいいよう、常に「“人間観察”」を行っているという「松岡昌宏」は、「例えば新幹線とか乗ってる時に、横に座った人 この人を演じたらどうなるんだろう?というのを勝手に想像してるんです」とのことです。たまたま居合わせた人の仕事や家庭、どういう状況で新幹線に乗っているのかを想像して物語を作り、「松岡昌宏」自身がその「“役”」をどう演じるか考えるのだそうです。「頭の中でのシミュレーションといいますか。そんなことはね、遊びでよくやるんですよね」と、日常の風景も役作りに生かされているようです。




また「松岡昌宏」は、「常日頃思うんですけど。ドラマとか、バラエティもそうなんでしょうけど、見ていただく視聴者の方の気持ちを全部汲んでたら、番組はできないんですよ。たぶん成り立たないんですね」といいます。番組に対し、視聴者から「苦手」「嫌い」といった反応が出るのは当然だとしつつ、「僕なんか、特にテレビ出身の人間ですから。いつまでもテレビは面白いものじゃないといけないっていう、ゆるぎない、自分の中でのこだわりみたいなものがあるんです」とのことです。

すでに「ヒット」した系統や作風を追うだけの番組作りには否定的なようで、「これはあくまで僕の意見ですよ、僕は何かちょっと違う気がする」と「ズバリ」。視聴者に違和感を抱かれたとしても、誰もやっていないことに挑戦したほうがいいとし、「その違和感が「ああ、なるほどね」って理解された時は、これは新しいものを生んだっていうことの証拠になるわけですよね」と持論を展開します。そして、「12月21日」に最終回を迎えた「おっさんずラブ‐in the sky‐」「テレビ朝日系」を例に挙げ、「ああいうふうに、どんどんどんどん新しいものをやっていくっていう形で、テレビはいてもらいたい」と力説していました。

「松岡昌宏」が「“役者”」という仕事や、「テレビ」の未来と本気で向き合っているのが伝わった、今回の放送です。「ありふれたものをやりたくない」というのは、「深夜ドラマ」かつ女装の主人公が登場する「家政夫のミタゾノ」を「大ヒット」させた「松岡昌宏」だからこそ、説得力のある一言になるのでしょうね。

幅広い役ができるのも一流の証ですよね。「松岡昌宏」には役に応じた変化を楽しんでいるようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました