二宮和也★記憶方法にファン衝撃★見れば覚える&形で記憶する&解説

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「二宮和也★記憶方法にファン衝撃★見れば覚える&形で記憶する&解説」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「BAY STORM」「BayFM」が「12月22日」に放送されました。この日、「二宮和也」が自身の「“記憶法”」について言及する一幕がありました。

「メンバー」の「大野智」から「ダンスの振り付けを1回覚えたら忘れない」と評されたこともある「二宮和也」に宛て、「ダンス」を習っている「リスナー」から「二宮くんはどのように覚えていますか?」という質問が寄せられました。




これに対し「数こなすしかないんじゃない?」と「二宮和也」は「キッパリ」。そして「体質もありますよね。時間をかけてやるって人と、すぐ覚えられるって体質もあると思うけど。俺はそんなに時間かからない」と続けました。肝心の覚え方については「どうやってやってるんだろう?考えたことがなかった!」と、まさに「“天才肌”」な「コメント」をします。

自身の基礎になっているのは「ジャニーズJr.時代」の体験らしく、「宿題と一緒ですよ、やらないと怒られるから。怒られたくないって一心でやってるから」「早く覚えなきゃいけないって癖がついてるんだと思うなあ」と自己分析した上で、「割と「“写真的”」に覚える人間なので、記憶の媒体が。見れば見るほど覚えていきます。形を見て覚えていくタイプだから」と自身の記憶法を解説します。

さらに「二宮和也」は、「見ていてもできない」という反論が来ることを予想し、「それは俺もあるけど、見てれば何をやってるかがわかって、何をやってるかがわかれば、何をしたらいいかわかるから。見続けて覚えてるんだろうね」と、じっくり「“観察”」することが大切だと付け加えます。




また「セリフとかもそうだもん」と演技についても触れ、「「“バチン”」って記憶して、「ああいうこと言ってたな」「否定をする場面なんだな」「ここは疑問を呈して場面を展開するんだな」とか理解して、あとは自由にやらせてもらってます」と一言一句覚えるのではなく、役の感情や物語の展開といった「“形”」を理解して覚え、その中で自由に表現していくとのことです。それゆえ、曖昧になる部分も少なくないのか、現場では「共演者の方に助けてもらってます」と苦笑いしていました。

この日の放送に「リスナー」からは、「見れば見るほど覚えるってすごいな~。これが成立するって、やっぱりニノは天才だわ」「ニノがすごすぎて、全然アドバイスになってない「笑」」「その場面の本質を掴んでるから、監督すら唸るアドリブ台詞が紡げるんだなと、改めて実感した」といった声が「ネット」上に寄せられました。

「二宮和也」の写真的に覚えていく人間だと聞いて「ファン」も改めて納得したようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました