なにわ男子★1日3公演の単独ツアーに密着★足が3トン&未知の経験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「なにわ男子★1日3公演の単独ツアーに密着★足が3トン&未知の経験」の事をお伝えしたいと思います。

関西地方で放送されている夕方の「報道・情報番組」「キャスト」「朝日放送」に、「水曜レギュラー」として出演している「関西ジャニーズJr.内ユニット」「なにわ男子」です。「メンバー7人」の中から週替わりで「2人」が「ロケ」に出て、関西のさまざまな仕事に体当たりで「チャレンジするコーナー」「なにわの仕事を学びまSHOW」を担当していますが、「12月25日」の放送分は「特別編」でした。

現在彼らは、初の「単独コンサートツアー」「なにわ男子 First Live Tour 2019-2020~なにわと一緒に#アオハルしよ?~」の真っただ中のため、この日の会場である「大阪・オリックス劇場」から生中継で「7人全員」が出演しました。そして今回は「なにわ男子のお仕事を学びまSHOW」と題して、大阪公演の舞台裏に密着した「VTR」が放送されました。




まずは、「ツアー初日」の「11月14日」から現在までに彼らのこなした仕事が紹介されましたが、「テレビ収録」は「34本、雑誌」などの取材が「26本、藤原丈一郎」と「大橋和也」が出演する「SHOWROOM」生放送が「14本」、さらに「グッズ撮影、ダンスレッスン」と、多岐にわたっていました。また、「大西流星」が「12月21日」に開催された「第1回」「大阪・関西万博におけるパビリオン等地元出展に関する有識者懇話会」に出席した様子も紹介され、彼らの多忙ぶりに、「スタジオ」で「VTR」を見ていた「レギュラー陣」からも驚きと感心の声が漏れます。

大阪公演の「リハーサル」は、「朝7時半」開始と異例の早さです。というのも、今回の大阪公演では、「10時、14時、18時」の「1日3公演」に初めて挑むといいます。「藤原丈一郎」は「僕らも未知の経験なので、どうしたらいいのかわからない」と思わず本音を「ポロリ」。

今回の密着では、彼らが通常回で見せる明るい「キャラクター」とは違い、真剣に「“職業・アイドル”」と向き合う一面が、何度も垣間見えました。

「ステージ衣装」を担当する「長尾謙杜」は、「今回のコンサートは、なにわ男子の方向性を示すコンサートでもあるんで、オープニングはアイドル系で攻めました」と、「キラキラ」した「ステージ衣装」を手に熱く語りました。また、「コンサート終了後」に毎回行われている反省会では、真剣に議論する彼らの姿があり、「大橋和也」は反省会について「新たに発見するとこもあるから、それを言い合う場みたいな感じですね」と話します。




そして、「“未知の世界”」である「3公演目」に挑む本番前、「藤原丈一郎」が「ほんまに3公演目やったん?って思わせられるようにやっていきましょう!」と檄を飛ばし、いよいよ「ステージ」へ。圧巻の「パフォーマンス」を笑顔でやり切った「藤原丈一郎」が「僕らもどうなるかわからなかったんですけど、逆に3公演目の方が元気やったよな?」と感想を話すと、「西畑大吾」は「「ステージに」出てる間はアドレナリンが出てて楽しめたけど。終わった瞬間、足が3トンくらいに」と、さすがに疲労困憊といった様子でした。

「VTR」を見ていた「レギュラー陣」は「いやーすごかった!」「涙ぐみながら見てたよ!」「ええもん見せてもらった」と、拍手と称賛の声で彼らをねぎらいました。

今回の放送は、「ネット」上での反響もかなり大きく、「ファン」からは「素敵なクリスマスプレゼントをありがとう!」「今日のコーナーは感動して涙が!一人ひとりに触れてくださる、上田剛彦キャスターはじめ、出演者のみなさん本当に感謝です。今後ともなにわ男子をよろしくお願いします」と番組への感謝の声が多く寄せられました。

未知の経験を重ねていくことにより本物の「ジャニーズアイドル」に成長していくんでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。