岸優太★高橋海人に物申す★ZIP!企画内容をめぐり対立か

ジャニーズ
Pocket

おはようございます。
今日は「岸優太★高橋海人に物申す★ZIP!企画内容をめぐり対立か」の事をお伝えしたいと思います。

「2020年」開催の「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」で放送中の「King&Prince」「MEDAL RUSH」です。「12月23~27日」は、「競技最多チャレンジアワード」として、「スタッフ」が勝手に「King&Princeメンバー」を表彰していきました。

まず、「5つ」の球技に挑戦した「永瀬廉」と「高橋海人」が「球技部門」を受賞しました。「高橋海人」は、砂場の上で「プレー」する「ビーチバレー」が特に大変だったと振り返り、中でも「コーチ」の「石島雄介選手」の熱血ぶりに驚いたようで「松岡修造さんと同レベルで熱血でしたね。正直きつかった」と本音を明かしました。




そして、「陸上部門」は、「砲丸投げ」や「やり投げ」など、投げる競技を中心に「4つ」の種目に挑戦した「平野紫耀」が受賞しました。これに「平野紫耀」は「玄関がすごい楽に開けられるようになった。「“投げ系”」やってるからなのか「フンっ」って「開けられるようになって」。そのお陰なのかもしれないです」と謎の成果を報告し、「スタッフ」を戸惑わせていました。

また「100メートル走」や「リレー」「ハードル」などの走る競技を中心に「4種目」を行った「神宮寺勇太」も「陸上部門」を受賞しました。「100メートル走が一番きつかったです。「ZIP!」史上で!」と明かし、「次の日に響きます」と素直に「コメント」していました。そんな「神宮寺勇太」は「格闘技部門」も受賞します。ですが、「テコンドー」に挑戦した際は、最初に「スタッフ」から「空手を仕込みました!」と嘘をつかれたことを振り返り「ダマされました」と恨み節です。というのも、「神宮寺勇太」は空手有段者です。「空手」と聞き、得意の競技に挑戦できると意気込んでいたところ「テコンドー」だったそうです。一方、「“ボクシング”」については、舞台「DREAM BOYS」で「ボクサー役」を演じたことから、「こんなに直近で、仕事で役立つことがあるとは」と感謝の気持ちを述べていました。

続いて「水系部門」は、「競泳」「サーフィン」「水球」と「3つ」の種目に挑戦した「高橋海人」が受賞しました。そして「競泳は本当にきつかった。今まで仕事してきた中で一番きつかった」「一生競泳なんてやらない」と本音をぶちまけていましたが、この時に教わった内容は、ほかの水系の競技で生かすことができたといいます。そして、念願の「サーフィン」に挑戦した時は、心の底から楽しんでいたといい、「コーチ」を担当していた「平野颯馬選手」とは、実際に「今度一緒にサーフィンする約束をした」と今でもつながりがあることを明かしました。




ですが、「高橋海人」は「岸「優太」くんが「海人の競技が全部簡単そうに見える」って言ってたらしくて」と不満を「ポロリ」。これに対し、「スタッフ」が「岸優太」の元へ真相を聞きにいくと「逆に海人に物申したい」と語気を強めて、「海人は水泳 楽しんじゃってないか?」と「コメント」します。「岸優太」も「飛び込み」に挑戦していたのですが、恐怖のあまり楽しむ余裕がほとんどなかったようで、「あそこ「飛び込み台」に立たないとわからない」とその大変さを力説します。ですが、この放送を見たという「高橋海人」は「大変そうな姿を見て正直、心の底から笑いましたね」と告白し、「スタッフ」の笑いを誘っていました。

そんな中、「岸優太」は「ライド系部門」を受賞すると、今まで挑戦した競技の中で「BMXが一番向いている」と自信ありげです。この発言を受けて、「スタッフ」が「永瀬廉」に「岸さんがBMXでハンディ付きで、小学生に勝って大喜びしていた」と告げたところ、「目に浮かびますね」と呆れられたのでした。

この放送に「ファン」からは「毎回、愛のあるロケをありがとう」「来年もよろしくお願いします」と番組に向けて感謝の声が寄せられました。

他人の仕事は大変そうに見えないことってありますよね。ですが「オリンピック競技」において簡単そうだということは絶対にないと思うのですが。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました