スノ★MVにNCTの丸パク指摘続出★ストと再生回数争いも激化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「スノ★MVにNCTの丸パク指摘続出★ストと再生回数争いも激化」の事をお伝えしたいと思います。

「2020年1月22日」に「両A面シングル」で発売となる「SixTONES」の「デビュー曲」「Imitation Rain」と、「Snow Man」の「D.D.」の「ミュージックビデオ」が、それぞれの「YouTubeチャンネル」で公開されました。「12月25日」「午前4時」解禁の「2本」は、配信後「2日」時点で「再生回数150万台」を突破しました。「ファン同士」も数字を気にして熾烈な戦いを繰り広げる中、「MV」の一部演出に「“パクリ疑惑”」がささやかれているといいます。

「ジャニーズ初」の「同時CDデビュー」を果たす彼らは、「SixTONES」が「ソニー・ミュージックレーベルズ、Snow Man」は「エイベックス・エンタテインメント」から「CD」を「リリース」します。「SixTONES vs Snow Man盤」「Snow Man vs SixTONES盤」名義で「計6形態」を販売し、全ての「バージョン」には「両グループ」の表題曲が収録されています。




「デビューシングル」で「“ニコイチ”」の「2組」は、大みそかの「NHK紅白歌合戦」への出演が決定しました。今年「7月」に死去した「ジャニー喜多川氏」の追悼企画で、「スペシャルパフォーマンス」を披露します。また、来年「1月2日」の「新春しゃべくり007」や、「同11日」の「嵐にしやがれ」「いずれも日本テレビ系」にも、そろって登場します。「1stシングル」が「セット」なだけあって、しばらくは切磋琢磨しつつ活動をともにしていくようです。

「25日」「午前4時」に「2曲」の「MV」が「YouTube」で公開されました。すると、「ファン」は再生回数に注目しました。当初より「SixTONES」が「一歩リード」しており、「27日」「午後5時」の段階でも「SixTONES」の「Imitation Rain」は「191万台、Snow Man」の「D.D.」は「166万台」を記録していました。こうした状況を受け、「Snow Manファン」は「どうやったらSixTONESに勝てるの?Snow Manファン頑張ろう!」「ストに負けてる。もう少し頑張らなきゃ!」と奮起します。ですが、同じ動画を繰り返し再生すると「数字の伸びが悪くなったり、不正とみなされる場合がある」という意見もあり、「Snow Man」と「SixTONES」を交互に再生するなどして、「両ファン」の相乗効果で「MV」の視聴数が増えています。

そんな中、主に「Snow Man」の「MV」に関して、「一部ネットユーザー」の間で「某アーティスト」の「MV」に酷似していると話題になっているようです。比較対象となっているのは、韓国の「男性アイドルグループ・NCT」の「派生ユニット」である「NCT U」の「第七感「The 7th Sense」」の「MV」のようです。「2016年4月」に「YouTube」で公開され、確かに「メンバー」が透明の「ボックス」に入っている「シーン」は、「Snow Man」の「D.D.」にもよく似た場面が確認できます。また、「第七感「The 7th Sense」」は赤い照明が印象的な映像になっているものの、「「D.D.」MV Teaser」と題した「バージョン」にも、同様に真っ赤な「シーン」が含まれていたのです。

「Twitter」上では、該当の「シーン」の静止画を並べた上で、「これはさすがにありえない。似すぎてる」という批判的な反応が上がっており、「NCTとSnow ManのMV見たら、マジで似てるところあった」「植物生えてる透明ボックスとか丸パクリ!メンバーに非はないのに」と共感する人もいるようです。「NCT」の日本での「所属レコード会社」は、「Snow Man」と同じ「エイベックス」ですが、「日本版Twitterアカウント」に向けて、「パクリ疑惑、どう思いますか?エイベックスで一緒だけど、デビューMVでパクリだとしたら」と「“突撃”」する「Twitterユーザー」も見受けられました。




とはいえ、「Snow Manの「D.D」が「第七感」にそっくりと聞いて見たけど、似てない」「全然似てなくない?赤いライトとか、箱の中に植物と一緒に入ってるシーンなら、ほかのアーティストでもあったと思う」「言われてみれば似てるな~っていうレベルで、正直気づかなかった。気にしすぎ」と、「“パクリ”」を否定する「コメント」も少なくありません。

「SixTONES」の「Imitation Rain」は、「タイトル」に沿って「“水”」を使った演出があるのですが、「ラストアイドル」の「バンドワゴン」や、「MAG!C☆PRINCE」の「ゴメン、、離したくない」の「MV」などを思い出した人もいたようです。また、炎に囲まれた空間があるためか、「Sexy Zone」の楽曲「忘れられない花」の「MV」にも似ているという声もわずかに出ていました。「Snow Man、SixTONES」の「MV」にしても、正直に言ってそこまで凝った演出ではない分、似通った「シーン」が存在してしまったのかもしれません。

「スタート」から残念な話題で注目を集めてしまいましたが、今回の疑惑によって、「CD」の売り上げに影響は出るのでしょうか。

似てしまっていることに対しての批判があまりにも厳し過ぎて「ファン同士」の足の引っ張り合いが気になるところですよね。



SNSでもご購読できます。