嵐★紅白大トリでの新曲披露★現場に微妙な空気が漂う★会場もドン引き

ジャニーズ
Pocket

おはようございます。
今日は「嵐★紅白大トリでの新曲披露★現場に微妙な空気が漂う★会場もドン引き」の事をお伝えしたいと思います。

令和初となる大みそか恒例の「第70回NHK紅白歌合戦」が「12月31日、東京・渋谷」の「NHKホール」で行われ白組が優勝しました。




白組の「大トリ」をつとめたのは「嵐」でした。「嵐×紅白 スペシャルメドレー」と題した「メドレー」で、「デビュー曲」「A・RA・SHI」と、昨年「11月」に初めて配信限定で「リリース」した「シングル」「Turning Up」を披露しました。

「A・RA・SHI」は誰でも知っている曲なので会場は大盛り上がりでしたが、おそらく、「Turning Up」は聞いたことがなかった人が多かったのではないでしょうか。「ステージ」上のほかの歌手や「ゲスト」たちの「ノリ」が「イマイチ」で、微妙な空気が漂っていました。ほとんどの共演者がその曲自体を知らないはずで、そうした空気が会場全体にありました。「2曲目」をもっと知られた曲にして欲しかったなと残念です。

昨年「11月3日」は「デビュー」からちょうど「20周年」の日にあたり、「各SNS」の解禁と「配信限定シングル」の発売を発表しました。「Turning Up」の「ミュージックビデオ」は同日「午後9時」に「公式YouTubeチャンネル」で「プレミア公開」されたのですが、曲はそれほど浸透していないのが正直なところです。




曲調がまるで「K-POP調」で、「嵐」の良さを出しているとは言いにくいようです。「サビ」以外は全員の「ソロパート」で繋いで、「櫻井翔」が「ラップ」を担当していますが、「パンチ」が弱く、印象に残るような曲とは言えないようです。そのせいもあってか、同曲の「MV」の「YouTube視聴回数」は公開から「2カ月」で「2,100万回」程度までしか伸びていません。

「嵐」といえば、今年いっぱいで活動を休止することを発表しているだけに、おそらく、今年の紅白が「ラストステージ」になります。またまた「大トリ」をつとめる可能性が濃厚ですが、会場中が盛り上がれる曲で有終の美を飾ってほしいものですね。

今年の「大トリ」には誰もが知っている「嵐メドレー」にしてほしいですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました