関ジャニ∞★なにわ男子に熱血指導が異様★ヤル気のあらわれも少し心配

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「関ジャニ∞★なにわ男子に熱血指導が異様★ヤル気のあらわれも少し心配」の事をお伝えしたいと思います。

「12月31日」に放送された「第70回NHK紅白歌合戦」で「ジャニーズ事務所所属」の「アイドルグループ」「関ジャニ∞」が「ズッコケ男道」、「前向きスクリーム」を唄って「メドレー」を披露し「ステージ」をわかせました。

そんななか注目が集まったのは「バック」に従えた「後輩グループ関西ジャニーズJr.」「なにわ男子」でした。

「リハーサル」ではこの「なにわ男子」と「関ジャニ∞」の間に流れる「ピリピリ」とした雰囲気が話題となっていました。




「なにわ男子」の「メンバー」が「関ジャニ∞」の「メンバー」に声を張り上げて挨拶する様子や深々とお辞儀して接する態度が、まるで部活の上下関係のような空気でした。

特に「大倉忠義、横山裕」におびえているような雰囲気がひしひしと充満していて現場では「さすがジャニーズ」「事務所の良き伝統がみられた」「礼儀にきびしいね」「体育会系気質」といった声が「リハ現場」であがっていました。

紅白歌合戦の「リハーサル」では「村上信五」が報道陣に「ジャニーさんイズムは後輩も継いでくれているし、ジャニーさんは大阪のジャニーズの文化を生み出してくれた。僕らもまだ正解は見つけられていないけど自分たちなりに長く続けていくことが一番かなと思う」と決意を語っていましたが。

「関ジャニ∞」は「2018年」に「渋谷すばる、2019年」に「錦戸亮」が「グループ」を抜けて過渡期にあります。




「人気メンバー」が脱退して「7人」から「5人体制」となりすこし注目度が落ちました。「プロデュース業」や司会業など多岐にわたる活動で存在感を出そうとしているため、後輩にも厳しい指導があるのでしょう。

過度な上下関係も「関ジャニ∞メンバー」の「ヤル気」のあらわれではないでしょうか。

「2019年」は「10年」ぶりに「47都道府県ツアー」を行うなど精力的だった「関ジャニ∞」です。持ち前の明るさで、逆境をはねかえし、後輩も育ててもらいたいものですね。

「ジャニーズ伝統」の体育会系の指導はこれからも続いていくようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。