二宮和也★寿 書道&キャンプ発言★綾子を思い出す&ファン大荒れの訳

ジャニーズ
Pocket

こんにちは。
今日は「二宮和也★寿 書道&キャンプ発言★綾子を思い出す&ファン大荒れの訳」の事をお伝えしたいと思います。

昨年「11月」、かねてより交際していた「元フリーアナウンサー・伊藤綾子」と入籍した「嵐・二宮和也」です。結婚報告後、主に「松本潤」との「“不仲説”」や確執が取り沙汰されており、「二宮和也」に対する風当たりが強くなっています。そんな中、「ファンクラブ会員用」の動画や、「レギュラー番組」における「二宮和也」の発言が物議を醸しているといいます。

現在、「ファン」の間で問題になっているのは、今年「1月1日」に公開された「ファンクラブ会員」向けの「ニューイヤーメッセージ動画」でした。「おみくじトーク」として、「メンバー5人」がお題に沿った話を進めていくうち、「二宮和也」は「今年、挑戦してみたいことは?」との質問に対し、「心機一転のキャンプかな」と、回答していたそうです。

「二宮和也」といえば「ゲーム好き」で、私生活は「“超インドア派”」として知られています。その彼が「イン「ドア」からアウト「ドア」に攻めていこうかな」とも話しているため、「ファン」が驚いているようです。また、「一部ファン」は動画内での「松本潤」の「リアクション」に関して、「ニノの時だけ、見事に松潤がしゃべらない」「違和感あった。松潤がツッコミも入れないし、相槌もないし、違う方向見てる」と指摘しています。実際に「松本潤」は、「二宮和也」の「トーク」中はほとんど笑顔がなく、渋い表情が多かったようです。最終的に「二宮和也」の方には視線を向けず、首を小刻みに動かして何か「リズム」をとって自分の世界に入っている様子でした。次の「大野智」の「ターン」では笑っていただけに、落差がはっきりと浮かび上がってしまったのかもしれません。




「二宮和也」は「挑戦してみたいこと」の「テーマ」に合わせて意外性のある答えを口にしたのかもしれませんが、やはり「ファン」は「キャラ」に似合わない「キャンプ」の一言が引っかかったのでしょう。「ここに来て「心機一転キャンプ」とか これ以上、墓穴掘るのはやめてほしい」「「心機一転のキャンプ」か。まさか一人で行くわけじゃないし、奥さんが「行きたい」とでも言ったのかな?」「あの二宮がインドアからアウトドアになるんだもんね。もう何も言わないで」と、「二宮和也」の変化に「ショック」を受けています。

結婚が明らかになった後の昨年「11月中旬」、ある「Twitterユーサー」が「山奥のキャンプ場」で働く友人に聞いたという目撃情報を投下し、注目を集めた一件がありました。なんでも、そこは芸能人がお忍びで訪れるような「スポット」で、「二宮和也&伊藤綾子」も「2人」で来たことがあるんだそうです。この書き込みを思い出した「嵐ファン」が「キャンプ場で目撃情報あったよね?マジで発言に気をつけた方がいい」「キャンプ場で目情もあったし、匂わせ女と好きにやって!」と敏感に反応している状況です。ちなみに、目撃談は「1人」しか上げていないものの、「1月3日」現在も当該の投稿は残っています。

一方で、「1月1日」放送の「嵐にしやがれ 元日スペシャル」「日本テレビ系」によって、「伊藤綾子」を連想した「ファン」もいたようです。「嵐」は「TOKIO」と「書き初めリレー対決」を行い、「ゲスト」に書道家の「武田双雲氏」が登場しました。書き初めのお題が「正月ということもあって、寿」と発表されると、「松岡昌宏」は「寿司の寿ね」と確認、「武田双雲氏」が「もちろん「お正月で」めでたいという意味もあるんですけど、書道の基本点画の横線、左払い、縦線も点も入っている」などと、説明しました。対決では、「2組」とも一人一画ずつ書いていき、「最終的にどちらが魅力的な書道アート作品を仕上げるか」という「チーム戦」に挑んだのですが。

これを見た「嵐ファン」からは、「武田双雲 二宮と綾子を思い出す」といった声が続出します。というのも、「武田双雲氏」は「二宮和也」の結婚報告後、「嵐の二宮さんと久しぶりに競演した時、たまたま前日に結婚発表だったので、作品集にお二人のお名前書いてお渡しできました」と「ツイート」した上で、「二宮和也さん「ハートマーク」綾子さん」と書いた「直筆メッセージ写真」を載せていたのです。その後、「武田双雲氏」は投稿を削除したものの、「スクリーンショット」は出回っていて、「公式発表では結婚相手の名前が伏せられていたのに、綾子で確定じゃん」と、「ファン」が落胆する事態に発展していました。




また、収録日についても「これって結婚発表の次の日でしょ。だから武田双雲は「寿」を書かせたの?二宮以外のメンバーはどんな思いで書いたんだろう」「「しやがれ」、武田双雲が二宮くんと綾子に作品集を渡した時のやつだよね」と、嫌悪感を抱いた「ファン」も少なくなかったようです。

さらに「ラーメンデスマッチ」「コーナー」では「二宮和也」の「コメント」が波紋を呼びました。「神奈川・横浜」の「流星軒」というお店に関して、「店主の平賀さんご夫婦はともに矢沢永吉ファン。夫婦に起きた奇跡とは何でしょう?」との問題が出題された際、「二宮和也」は「結婚記念日が矢沢永吉さんの誕生日」と回答するも不正解になります。この言葉に「ファン」は「ニノから「結婚記念日」って言葉を聞きたくない」「二宮、「“結婚記念日”」とか 前日に入籍してるしね」などと胸騒ぎを覚えたようです。

元日から「ファン」の心は疑心暗鬼になってしまったようですが、少しでも平穏が訪れるよう、「二宮和也」は私生活や「伊藤綾子」を想起させる迂闊な発言は控えるべきかもしれないですね。

「二宮和也」の心境の変化が結婚後の行動に出ていることは誰が見てもわかりますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました