相葉雅紀★もう泣くしかない&応援しててよかった★ファンを感動させた一言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★もう泣くしかない&応援しててよかった★ファンを感動させた一言」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・相葉雅紀」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」「文化放送」が、「1月3日」深夜に放送されました。新年一発目ということで、「2020年は東京オリンピック・パラリンピックもありますし、嵐にとっても大事な大事な1年になりますので、どうぞ皆さん1年間よろしくお願いいたします!」と元気なあいさつから「スタート」しました。




昨年「12月20日、嵐」は「デビュー曲」「A・RA・SHI」「1999年」を「リプロダクション」した楽曲「A-RA-SHI:Reborn」を「リリース」しました。ほぼ英語の歌詞に変更されており、これを聞いた「リスナー」から「とってもかっこいい曲調で、もう何度も聞いています」「英語頑張って覚えてます。早く歌えるようになりたいです」など、感想が多数寄せられました。

「相葉雅紀」は「ありがとう。もうみんな聞いてくれたんだね、うれしいね」と「ファン」に感謝を伝えながら、「ここまでこう、「デビュー曲に」手を入れてアレンジしてっていうのは今までなかったし、それをリリースするということもなかったので、ぜひ聞いてほしい」と自信を持って楽曲を勧めていました。

昨年の大みそかに放送された「第70回NHK紅白歌合戦」にて、「嵐」は「米津玄師」が「作詞・作曲」した楽曲「カイト」を初披露しましたが、これについても「相葉雅紀」は「いやあ、なかなか大好きな曲ですね、僕は」と絶賛します。「すごい壮大なんだけど、歌っている歌詞はすごく狭いところにいっているというか それでいてなんか、優しく包み込んでくれるような」と続け、特に歌詞が気に入っているようです。




なんでも、「相葉雅紀」は「そして帰ろう その糸のつながった先へ」という歌詞に登場する「“糸”」を「“ファン”」に置き換えてみたそうで、「なんかそこがね、すごい救われるんだよね。「あ、1人じゃないんだ」」と感じたそうです。「聞いているといろんな景色が浮かんでくる感じで、すごく救われるっていうか。「よし!もっと頑張ろう!」っていうふうになる なったな、僕は。すごく」と、「相葉雅紀」自身が歌詞に勇気づけられていると明かしたのでした。

この放送を聞いた「ファン」からは、「相葉さんが「“糸”」をファンにたとえてくれたの、すごくうれしい。ずっとずっとつながっているからね!」「相葉ちゃんがファンのことを大事にしてくれて、本当もう泣くしかない!」「ラジオを聞いて、相葉ちゃんを応援しててよかったって、あらためて思った。この先もずっとファンです!」といった感動の声が多く寄せられていました。

「ファン」のことを一番に考えている「相葉雅紀」の優しさが伝わってきて「ファン」も感動の時間を過ごせたようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。