キンプリ★NHK音楽番組にふざけんなの声続出★ファンを激怒させた編集とは

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「キンプリ★NHK音楽番組にふざけんなの声続出★ファンを激怒させた編集とは」の事をお伝えしたいと思います。

昨年「11月3日」に「NHK」の「海外向けサービス」「NHKワールドJAPAN」で放送された「SONGS OF TOKYO FESTIVAL2019」が、「1月4日」に「NHK総合」にて再放送されました。司会は「関ジャニ∞・村上信五」と「ホラン千秋」が務め、「ジャニーズ」からは「NEWS」と「King&Prince」が出演しました。

「King&Prince」は「シンデレラガール」「2018年」を歌唱後、「岸優太」が「変面」、「高橋海人」が「扇子」、「永瀬廉」が「殺陣」、「神宮寺勇太」が「フラッグ」を使い、「ジャニーズJr.」を引き連れて「パフォーマンス」を披露しました。さらに、「King&Prince全員」で和太鼓の演奏も行いました。




その後の「トーク」では、全員が英語で簡単に自己紹介します。「村上信五」から「パフォーマンス」について聞かれると、「永瀬廉」が「なんといっても「“和”」というか。日本っぽいものをさせていただいたので、そういう部分で印象に残ったかな?と手応えを感じています」と「コメント」します。さらに、「神宮寺勇太」からは「選曲とか演出とかも自分たちで意見させていただいて、構成を作ったりした」と、「メンバー」が考案した「パフォーマンス」だったと明かされました。

また、昨年「7月」に亡くなった「ジャニー喜多川氏」について、「村上信五」が「ジャニーさんはやっぱり、ジャニーズのカルチャーが海外進出するのが大きな夢のひとつでもありましたけど」と言うと、「平野紫耀」は「「“海外で活躍する”」っていうのがひとつの夢だったので、僕たちも。生きているうちに見せられなくて、本当に悔しいという気持ちでいっぱい」と「コメント」します。そして、「なるべく早く行動して、海外でも活躍できるようになれたらいいなと思っています」と意気込みを語っていました。

番組で披露した「パフォーマンス」と「トーク」ともに、「ネット」上で注目を集めた「King&Prince」でしたが、「ファン」からは「楽しみにしてた部分がカットになってる!」と放送後に不満が続出しました。




というのも、昨年「11月」の放送では「Naughty Girl」「2019年」を披露していたのですが、再放送では「カット」されていたのです。同曲へ入る前に「“早着替え”」を行った際、「平野紫耀」が腰につけていた「スカーフ」を落としてしまうも、機転をきかせて「ステージ」の外に投げる「“演出”」をみせ、「紫耀くんのアドリブがさすがだった!」「かっこよすぎる~!」と放送時に「ファン」は大絶賛していたのですが、再放送ではその「シーン」も「カット」されていました。

そのため、「ネット」上には「楽しみにしてた「Naughty Girl」がカットとか、NHKふざけんな~!」「よりによってなんで「Naughty Girl」だけカットしたの!? 信じられない!」「「Naughty Girl」カットされてる!? 紫耀くんのスカーフ演出見たかったのに、最悪!」など、不満を訴える声が噴出していました。初めて番組を見る「ファン」の中には、この場面を楽しみにしていた人も多かったようですね。

「NHK」の「番組カット」の意図が理解できないのも当然のことですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました