木村拓哉★教場★15%超えにやっぱりすごい★SMAP解散騒動の戦犯から大復活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「木村拓哉★教場★15%超えにやっぱりすごい★SMAP解散騒動の戦犯から大復活」の事をお伝えしたいと思います。

「木村拓哉」が主演を務めた「フジテレビ開局60周年特別企画ドラマ」「教場」が「2夜連続」で放送され、平均視聴率は「1月4日」の前編が「15.3%、5日」の後編は「15.0%」「ビデオリサーチ調べ、関東地区」を記録しました。「ネット」上では「引き込まれた」「リアリティがすごい!」と絶賛されています。




同作は、警察学校を舞台にした「長岡弘樹」の同名小説が原作です。「木村拓哉」は「警察学校・教官」の「風間公親」を演じ、「風間公親」が受け持つ教室「“風間教場”」の生徒役を「工藤阿須加、川口春奈、三浦翔平、大島優子、葵わかな、林遣都」など実力ある若手俳優陣が演じました。

同作は、過酷な警察学校の中で、「風間公親教官」が「適性のない人間」をふるい落としていきながらも、生徒たちと向き合い、警察としての自覚と自信を持たせていくという内容でした。「“思い込み”」や「“よこしまな考え”」から、仲間を危険にさらしたり、「ハメ」ようと企む生徒が出てくるなど、「ミステリー要素」もある物語で、視聴者からは「見ていてハラハラする展開が面白すぎる」「ピリついた緊張感で、こっちまでドキドキしてしまうのがたまらない」など、「ドラマ」に引き込まれたという声が多数上がっていました。

また、「キャスティング」が発表された当初は、「またキムタクかよ」との批判も少なくありませんでしたが、放送後は「素晴らしかった」と絶賛の声が飛び交うことになりました。




今回、「木村拓哉」が演じた「風間公親」は、黒髪と白髪が入り混じった「“グレイヘア”」に、右目が「“義眼”」という風貌だったのですが、「キムタクにハマりすぎ!」「さすがキムタク、カッコいい」と高評価でした。また、ほかの生徒役を演じた俳優陣についても、「みんな演技がうまくてクオリティが高い!」「全員このキャスティングで大正解」などと好意的な声が多かったようです。「エンディング」では、「風間公親」が新たに受け持つ「クラス」の様子が描かれたのですが、そこには「三浦大貴」や「伊藤健太郎、上白石萌歌」などの人気若手俳優が揃っていたため、「これは続編があるのでは?」「続編を見たい!」との声も上がっていました。

「SMAP」解散直後は、「解散の引き金を引いた」として、「“戦犯”」扱いされていた「木村拓哉」です。ですが、今回の「ドラマ」に加え、「2019年10月」に主演を務めた「グランメゾン東京」「TBS系」も好評だったため、「ここにきて、急激に好感度を上げた印象。事実、ネット上には「木村拓哉って、やっぱりすごい」「主演を任せたくなるのも納得」などの声が散見され、あらためて俳優としての実力が再評価されつつあるとのことでした。

「木村拓哉」がこれからどんな作品に出演するのかにも要注目ですね。

これぞ「木村拓哉」だと納得せざるを得ない演技に脱帽のようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。