木村拓哉★Go with the Flow★初日6万枚超え1位★香取慎吾のニワニワワイワイを上回る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「木村拓哉★Go with the Flow★初日6万枚超え1位★香取慎吾のニワニワワイワイを上回る」の事をお伝えしたいと思います。

「元SMAP・木村拓哉」にとって初の「ソロアルバム」「Go with the Flow」が、「1月7日付」の「オリコンデイリーアルバムランキング」で初登場首位を獲得しました。発売初日だけで「6万4,986枚」を売り上げ、幸先の良い「スタート」を切りました。発売「2日目」となる「8日付」の「デイリーランキング」でも、「2万8,088枚」で「1位」を「キープ」しました。合計「9万3,074枚」と、「2ケタ」台に届く勢いです。今作は、「B’z・稲葉浩志、森山直太朗、槇原敬之、LOVE PSYCHEDELICO」ら「豪華アーティスト」が楽曲制作に協力しており、話題性は抜群でした。週間記録では「元ジャニーズ」の「ソロアーティスト」たちの「アルバム」に勝てるのかどうか、業界内外の注目が集まっています。

「2016年」の「SMAP」解散後、「木村拓哉」は俳優の仕事を「メイン」に活動してきましたが、「アルバム」の発売とともに満を持して歌手活動を再開しました。前述の「アーティスト」以外にも「ALEXANDROS・川上洋平、いきものがかり・水野良樹、Cornelius・小山田圭吾、Uru」などが楽曲を提供し、生前の「忌野清志郎」が「木村拓哉」に提供した「弱い僕だから」の「再録バージョン」も収録されています。

そんな「木村拓哉」の「1stアルバム」は、「SMAP」がかつて所属していた「JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント」からの「リリース」となり、「初回限定盤A・B」と通常盤の「3種」販売となりました。「購入者限定プレミアムイベント応募カード」を封入しているほか、「初回盤A」と「B」の同時購入特典で「オリジナルカレンダー2020」の「プレゼント」を実施しました。また、店頭先着特典は「B2ポスター、オンライン先着特典」で「ポストカード」がもらえるといいます。初日に「6万4,986枚」を売り上げ、「2位」についた「HIROOMI TOSAKA」「三代目 J SOUL BROTHERSのボーカル・登坂広臣のソロプロジェクト」の「Who Are You?」「3万174枚」を大きく突き放しました。




その一方で、奇しくも「元SMAP・香取慎吾」も初の「ソロアルバム」「20200101」「ニワニワワイワイ」を「1月1日」に「リリース」しています。「CDショップ」によっては「12月26日」に入荷した店もあり、「オリコンデイリーアルバムランキング」も「同26日付」に初登場しました。初日の売り上げは「2万7,969枚」で、「25日」発売の新譜を押しのけて「1位」に輝きました。

こちらは、「フィーチャリングアーティスト」として、「氣志團、BiSH、KREVA、SALU、スチャダラパー、向井太一、須田景凪、yahyel」らが参加しています。「香取慎吾」本人も楽曲制作に関わっており、「初回限定盤2パターン」と通常盤の「3形態」となっています。「1月31日」に開催する「スペシャルイベント」や、「プレゼント」の応募券がついているほか、「各チェーン店」別の購入特典で「シリコンブレスレット」を配布していました。

「香取慎吾」は初日こそ「2万台」でしたが、「1月6日付」けでの売り上げは合計「6万台」を突破しました。一方、「SMAP」内で一番の人気を誇った「木村拓哉」は、初日だけで「6万台」に届いていますから、さすがといったところでしょう。ですが、昨年「リリース」された「“元ジャニーズ”」の「ソロアルバム」の初日記録と比較すると、少々物足りない数字にも見えてしまいます。例えば、「元関ジャニ∞・渋谷すばる」の「アルバム」「二歳」は「5万4,421枚」を売り上げ、「10月8日付」の「オリコンデイリーアルバムランキング」で首位になっています。また、同じく「元関ジャニ∞・錦戸亮」の「アルバム」「NOMAD」は、「12月10日付」の「ランキング」で「6万3,769枚」「1位」という結果で、「木村拓哉」と「1000枚」程度の差でした。「錦戸亮」の「アルバム」は、受付期間が短い「リリース記念イベント応募券」が入っていたため、特に初日の売り上げが高かったようです。

ちなみに「木村拓哉」は「アルバム発売」の当日、「PR」を兼ねて「新宿ペペ広場」に登場し、その場に居合わせた「2,000人」の観衆を驚かせたといいます。さらには、渋谷の「タワーレコード」に出現し、店内に飾られている「ポスター」に「サイン」を残していったそうです。「Twitter」上には「渋谷のタワレコ来たらキムタクがレジしてる」「タワレコで会計してたら、隣のレジでキムタクが店員やってた」と、「目撃ツイート」も出ています。

「木村拓哉」のような「現役ジャニーズタレント」の「CDショップ訪問」は珍しい例ですが、「カメラ」は同行していたようなので、「動画配信サイト・GYAO!」で配信中の「レギュラー番組」「木村さ~~ん!」などで取り上げる予定なのかもしれません。偶然ながら、「香取慎吾」も「1月6日」に渋谷の「タワーレコード」に現れ、「ポスター」や「パネル」に「サイン」をしていたそうです。お店の「Twitter」にも来店時の写真が「アップ」されています。




「木村拓哉」自身も精力的に宣伝活動を展開しているうえ、「豪華アーティスト」の「バックアップ」もあることから、初週記録は「2ケタ」の可能性が高いでしょう。

「他アーティスト」の「バックアップ」でいうと、「香取慎吾」の「アルバム」は正直に言って有名どころは「氣志團、スチャダラパー、KREVA」ぐらいです。新進気鋭の「アーティスト」がほとんどだったので、「お茶の間レベル」で魅力を訴えるのは厳しいのではないでしょうか。また、「渋谷すばる」と「錦戸亮」は全楽曲の作詞作曲を自分たちで手掛けていたので、「バックアップ」すらない状態です。それでも、それぞれ初日で「5~6万」と大健闘しました。

実際、「木村拓哉」の「アルバム」については「稲葉さんが関わった曲があるから買った」との声も聞かれています。ただ、現在のところ音楽配信や、「サブスクリプションサービス」には対応していないだけに、「キムタクのアルバム、配信されると思ってたのに。残念」と、落胆の「コメント」も見受けられます。

上々の滑り出しとなった「木村拓哉」ですが、「週間ランキング」の集計に向けて、どこまで売り上げを伸ばせるでしょうか。

今回の「1位獲得」が「木村拓哉」の実力なのかどうかは次回作の「ソロアルバム」の結果で証明されるでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。