神宮寺勇太★全国2位の空手をZIP!で披露★師範が天性のものと称賛

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「神宮寺勇太★全国2位の空手をZIP!で披露★師範が天性のものと称賛」の事をお伝えしたいと思います。

「2020年」開催の「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」で放送中の「King&Prince」「MEDAL RUSH」です。「1月6~10日」は、日本空手松涛連盟の首席師範で、帝京大学空手部の監督である「香川政夫師範」の指導のもと、「神宮寺勇太」が「空手」に挑戦しました。

「スタッフ」から「新年一発目なんでムチャクチャ重要です」と言われるも、今回の競技が「空手」だとわかると「神宮寺勇太」は「ガッツポーズ」します。というのも、「神宮寺勇太」は中学時代、空手で「全国2位」に輝いた実力を持っており、番組内でことあるごとに「空手」に挑戦したいと訴えていました。そこで今回は、仮想の相手との戦いを想定した、定型の技の流れを「披露・美しさを競う」「形「かた」」に挑みます。




早速、「神宮寺勇太」の「形」と「ジャンプ力」を見た「香川政夫師範」は、「「燕飛「えんぴ」」はできるかも」と一言。「燕飛」とは、つばめのように素早く敵をかわし、その後、後方に高く一回転する難易度の高い技です。「できるかな」と不安を口にする「神宮寺勇太」でしたが、「香川政夫師範」の「これはいける!」との後押しで、「燕飛」を習得することになりました。ですが、練習を始めたものの、仮想の敵を想定しながら技を繰り広げ、定型の技の流れを美しく披露することに悪戦苦闘します。技の流れについていくだけで精一杯の「神宮寺勇太」は、汗だくになりながら、「形」の通し稽古をひたすら繰り返しましたが、体が「ブレ」て「バランス」を崩してしまいます。

そこで「香川政夫師範」は「竹刀使ったらあかん?」と「スタッフ」に確認を取った後、「竹刀持ってこい!」と生徒に指示します。「香川政夫師範」いわく、竹刀は指示を出す棒だといい、これに「神宮寺勇太」は「はい」と「ビビ」り気味です。次に「香川政夫師範」が「水枕を持ってきて」と生徒に指示すると、円柱状の「バッグ」の中に「10キロ」の水が入っている「筋トレグッズ」が運ばれてきます。「水枕」とは、「ウォーターバッグ」のことで、「ラグビー日本代表」も体幹を鍛えるために使っていた「アイテム」です。これを持つと、中の水が動くことによって、体により負荷がかかり、効果的に体幹を鍛えることができます。「ウォーターバッグ」を使った、師範の厳しい指導に「これヤバいっすね!」とひたすら「トレーニング」に励んだ「神宮寺勇太」ですが、徐々に下半身が安定し、きれいに「形」が決まるようになります。

そして最終日は、いよいよ「燕飛」を「フル」で披露します。苦手としていた後半の演技も「ミス」なくこなし、最後の「キメ技」である「ジャンプ」も見事成功します。この「ジャンプ」は、空中であぐらをかくような姿勢になりながら一回転する大技ですが、「キレイ」に形が決まり、「香川政夫師範」も「神宮寺くん、完ぺきやん!」と満面の笑みでした。




生徒からも「数時間で覚えたと思えないぐらいの出来で感動しました」と驚きの声が上がり、「香川政夫師範」も「本番にジャンプを決めるのは難しい。これは天性のものでしょうね」と絶賛します。「どう?神宮寺くん」と「香川政夫師範」に感想を聞かれましたが、本人は「いや、記憶にないです。もう」と「コメント」しており、実は相当な「プレッシャー」を感じていたようです。

これに「ネット」上では「朝から感動して泣いてる。すごすぎる!」「見ているこちらも身が引き締まる素晴らしい演武でした」との声が集まりました。

「神宮寺勇太」念願の空手ですがやはり天性の素質が「香川政夫師範」の心を動かせたようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました