相葉雅紀★米津玄師と会ってそのままご飯に行った★一生ない経験も告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★米津玄師と会ってそのままご飯に行った★一生ない経験も告白」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・相葉雅紀」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」「文化放送」が「1月10日」深夜に放送され、「米津玄師」との交流について語られました。




「NHK」の「東京2020オリンピック・パラリンピック」の「テーマソング」として、「米津玄師」が「作詞・作曲」を担当した楽曲「カイト」を歌唱している「嵐」です。「相葉雅紀」は、「米津玄師」と初めて会ったときの印象について、「まず「デカッ!」と思った。かなり迫力あるよ」と、「188cm」の高身長に圧倒された様子です。

初対面を果たしたその日のうちに、「嵐」の「メンバー」から「今日みんなでどうですか?」「米津くんもどうですか?」と食事に誘ったといい、「相葉雅紀」は「すごくない?会ってそのままご飯に行くって」と自身でも驚きます。「会ってみんなそれぞれ仕事して、夜また集合してご飯を食べて。いろいろ、いろんな話をして」と、その日の「スケジュール」についても明かしていました。

「カイト」の「レコーディング」には「米津玄師」が立ち会い、「ディレクション」も担当したといいます。これに「相葉雅紀」は「すごいうれしいけど、ちょっと緊張するよね。「米津くんにやってもらえるんだ」みたいな」と、思わず身構えてしまったといいます。また、普段の「レコーディング」とは違い、「間髪入れずにガンガン行く」という「米津玄師」の「ペース」について行くのに必死だったと本音も。「米津くんと僕らの体力の差が相当なんだろうなって」「なんかびっくりしたなあ。やっぱ体力違うんだろうなあ。大きいし、肺も大きいだろうな~」と、独特の目線で「米津玄師」について語る「相葉雅紀」でした。




さらに、「レコーディング」の途中で、「米津玄師」が「相葉雅紀」の「レコーディングブース」に入ってくる場面があったといいます。「米津玄師」から「アドバイス」を受けたあと、一緒に歌う流れになったそうで、「相葉雅紀」は「隣のマイクで一緒に歌ってくれて。デュオ してくれて。いや、それがめちゃくちゃうれしかったんだよなあ、なんか」としみじみします。「一生ないじゃん、米津くんと2人で歌うって。カラオケ行きゃあるか?カラオケ行く以外ないじゃん!だからすげえうれしかった」と興奮気味の「相葉雅紀」は、「貴重な機会でしたね」と振り返っていました。

この放送に「リスナー」からは、「相葉くんのワクワクドキドキ感がいっぱい伝わってきた!」「アドバイスへ素直に耳を傾けて、よりよい作品にしようとする相葉ちゃんのことも尊敬する」「嵐5人と米津さんのお食事会とか、どんだけ豪華なの!?」といった声が集まっていました。

「相葉雅紀&米津玄師」「2人」の「カラオケデュオ」もあり得るかも知れないですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。