大倉忠義★イケメンなのに残念発言にプッツン★関係ないと真顔で猛抗議

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大倉忠義★イケメンなのに残念発言にプッツン★関係ないと真顔で猛抗議」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系、1月11日放送」に「村上信五」と「大倉忠義」が登場し、新企画「関西弁禁止ウォーカー」が行われました。

舞台は「東京・板橋区」にある「ハッピーロード大山商店街」です。ここで「2人」は関西弁の使用を禁止され、標準語を話しながら「“街ブラロケ”」を決行することになりました。「ゲスト」の「お笑い芸人・次長課長」の「河本準一」は、関西弁全開でしゃべって「2人」を惑わせる役となり、関西弁使用の有無は「川田裕美アナウンサー」が「ジャッジ」します。より関西弁を使う回数が少なかったほうが勝者となります。




まず前半、「街ブラロケ」を「スタート」させた「村上信五」ですが、「急に何かハプニングが起こった時も標準語で?」といきなり関西弁全開の「イントネーションでトーク」です。「河本準一」から「ガンガン関西弁よ?」と「ツッコミ」を受け、「大倉忠義」からも「ちょっと!普通のロケしてた今!」と注意を受ける始末です。どうやら、「村上信五」自身は標準語を話したつもりのようですが、「イントネーション」も標準語に合わせなければならないのが、この「ゲーム」の「ルール」です。

司会者としても活躍する「村上信五」ですが、この「標準語イントネーション」には苦戦して、和菓子屋の前では「ボク、ワラビモチ、スキ」と「“カタコト”」になるなど、会話が成り立たない展開になります。「グループ」の「ツッコミ担当」にもかかわらず、標準語になると「何しちゃってんだよ!」「バッキャロー!」と、ぎこちない「ツッコミ」ばかりとなります。「ストレス」が溜まった「村上信五」は、ついに「ロケ」の途中で「うわ~!」と発狂し、逃げ出してしまうのでした。

一方、後半で登場した「大倉忠義」は、関西弁が解禁されて饒舌になる「村上信五」に対し、「イキイキしてますね、突然」と「ポツリ」。ですが、この「イキイキしてますね」の「イントネーション」が標準語ではなかったということで、早速「アウト」となります。「大倉忠義」もまた、「イントネーション」に苦しめられることとなります。

その後、洋服店や「ホットドッグ屋」をめぐり、お茶屋さんに到着します。ここで「麦茶」を頼んだ「大倉忠義」に対して、女性店員は「麦茶!?」と驚きつつ、「なんかちょっと変だよね。イケメンなのに残念なんだよねえ〜」と「大倉忠義」を批評します。最初は苦笑するだけの「大倉忠義」でしたが、その「ストレート」な物言いに堪忍袋が切れたのか、「カメラ」に向かって「企画と関係ないでしょ!?」と、真顔で何度も抗議したのでした。




また、昼から営業している「スナック」に入り、「カラオケ」で「関ジャニ∞」の「シングル」「好きやねん、大阪。」「2005年」を歌う流れになります。もちろん、ここでも標準語を使わねばならず、「大倉忠義」は「ほんでもってそんでまいどあり」という歌詞を「そしてそしてそしてまいどあり」と歌い、周囲は大爆笑します。

結局、「村上信五」が「12箇所、大倉忠義」が「11箇所」を関西弁で話したということで、僅差で「大倉忠義」の勝利になります。「大倉忠義」は「「こんなつらいもんなんやな」って思いましたね」「だいぶしんどかった」と感想を述べ、「スナック」での「カラオケ」が「一番ダメージ食らった」と「ボヤ」いたのでした。

この放送に「ファン」からは、「関西弁使えない村上くん、面白すぎる「笑」」「「イケメンなのに残念」と言われた大倉くん。いやいや、そこが大倉くんのいいところなんですよ!」「標準語バージョンの「好きやねん、大阪。」に笑いすぎて涙出た」などの「コメント」が寄せられていました。

「イケメン」であるが故の関西弁での苦労がにじみ出ていたようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。