スノスト★同時デビューに疑惑再燃★YOSHIKI9月ぐらいリリース告白が波紋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「スノスト★同時デビューに疑惑再燃★YOSHIKI9月ぐらいリリース告白が波紋」の事をお伝えしたいと思います。

「1月22日」の同時「CDデビュー」まで、いよいよ「1週間」に迫った「ジャニーズJr.内ユニット・SixTONES」と「Snow Man」です。昨年「8月」に「2組」が「合同デビュー」を発表して以降、「一部ファン」の間では「SixTONESの方が先にデビューが決まっていたのではないか」といった指摘が相次いでいましたが、「X JAPAN・YOSHIKI」や「Snow Manメンバー」の発言をめぐって、その疑惑が再燃しているといいます。

「両グループ」は、昨年「8月8日」に行われた「ジャニーズJr.8・8祭り ~東京ドームから始まる~」の「ステージ」上で、「ジャニーズ事務所」初となる「合同デビュー」を報告しました。報道によれば、「故・ジャニー喜多川社長」と、「滝沢秀明氏」「現在の副社長」は「約2カ月」前の「6月16日」に話し合い、「SixTONES」と「Snow Man」の「デビュー」を決めたとのことです。「ジャニー喜多川社長」は「2日後」に救急搬送で入院してしまいましたが、「滝沢秀明副社長」は「ジャニーさんの前で本人たちに伝えたい」との思いから、「同28日」に双方の「メンバー」を集め、病室で「デビュー」を告げたと伝えられています。

そして今年「1月22日、2組」は表題曲の「Imitation Rain」「SixTONES」「D.D.」「Snow Man」を収録した「両A面シングル」を「リリース」することになりました。「Imitation Rain」は、「世界的アーティスト・YOSHIKI」が楽曲制作を手掛けたことでも大きな話題を集めました。そして「同3日」には、「YOSHIKI」本人が「ニコニコチャンネル」「YOSHIKI Channel」内で楽曲制作の裏側について「コメント」しました。その発言が注目されています。




「ニコニコチャンネル」で生配信された「新春SPECIAL MESSAGE YOSHIKI 2020」の中で、「Imitation Rain」に関して「本来であれば、たぶん9月ぐらいにリリースだったんじゃないかな。だけど、ズレてズレてズレてズレて っていうか、まぁ90%以上は僕のせいなんですけど」「1曲作るのに半年くらいかかっちゃった」と、語っているようです。「9月ぐらい」とは、「デビュー発表」が昨年「8月」だったことから同年「9月」を指しているのでしょう。「YOSHIKI」の言葉通り、本当に半年前に楽曲制作を始めていたのであれば、昨年「5月頃」には「ジャニーズサイド」との打ち合わせが進んでいたものとみられます。実はこの「5月」というのは、「SixTONESの本来のデビュー発表予定時期」と、彼らの「ファン」が睨んでいる時期なのです。

「SixTONES」の「デビュー」の経緯に関する「“時系列”」については、昨年「8月」からさまざまな出来事や「エピソード」が議論の対象になり、「ファン」の間で検証されてきた問題です。例えば、「SixTONES」は「動画配信サイト・YouTube」の「ジャニーズJr.チャンネル」に参加していましたが、「8月」の「ジャニーズJr.8・8祭り ~東京ドームから始まる~」の場で、単独の「アーティストチャンネル」設立を宣言しました。「12月」に卒業した「Snow Man」よりもかなり早い段階で、「ステップアップ」の準備は万端でした。

その「アーティストチャンネル」開設にあたり、「8月9日」に「YouTube」で「ライブ配信」された「すとーんずのらじお」内で、「田中樹」は「「アーティストチャンネル設立について聞いたのは」6月頭、半ば。前半ぐらいですか。になるということで」と言及しました。画面には「テロップ」で、「約2カ月前何も知らずに秩父ドライブロケを終えたメンバー」と時系列を説明する言葉が表示されたのですが、その「ドライブロケ」の配信は「5月31日」で、撮影自体も「5月上旬」だといわれています。

撮影日や配信日と「田中樹」の発言のつじつまが合わないため、「SixTONESファン」は「なぜ嘘をつく必要があるのか」と、騒いでいたようです。そんな中で、女性誌「with」「講談社」の「公式サイト」「withonline」に掲載された「“デビュー会見全文レポート”」を読んだ「ファン」が、「SixTONES・ジェシー」と「Snow Man・深澤辰哉」の会話を疑問視しています。「ジェシー」が「デビュー報告」を受けた日時に関して、「7月28日」と口走ったところ、「深澤辰哉」は「いや、6月28日!」と訂正し、「ジェシー」があらためて「6月28日にジャニーさんの病室で滝沢くんから聞きまして」と「コメント」するくだりです。「SixTONESファン」は、「記念日にこだわるジェシーが7月末と言い間違えたのはおかしい」と騒ぎ出したのです。そんな中、「ジャニーズ公式携帯サイト・Johnny’s web」に載った「デビュー会見」の「レポート」が、わずか数日で突如削除され、「“時系列問題”」がより大きくなっていきました。

これら「メンバー」の発言や状況から、そもそもは昨年「5月1日」の「コンサート」で「デビュー」を発表する予定だったのでは、と「SixTONESファン」は勘ぐっています。そこに、「YOSHIKI」が「本来であれば、たぶん9月ぐらいにリリースだった」と口にしたことで、再び疑念が強まっているのでしょう。




一方、「SixTONES」と「Snow Man」は「1月22日」の「デビュー日」に朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」に出演することが明らかになりました。これに伴い、「Snow Man・「岩本照」は「前回出演させていただいたとき、僕たちはまだデビューすることを知りませんでした。Jr.を卒業し、これから沢山のことに挑ませていただく始まりの記念日に再びZIP!さんでパフォーマンスさせてもらえること、大変ありがたく今からとても胸が高まっています」と「コメント」を寄せているのですが。

「Snow Man」が前回登場したのは「7月15日」です。「6月28日」に「デビュー」を聞いたと公言しているため、「デビューすることを知りませんでした」と言うのはおかしいとの意見が続出しています。「6月28日にスノストデビューを聞かされたという話は嘘ってこと?」「デビューを知った日、全員で口裏を合わせないと、今後も矛盾が生まれる。嘘つきってバレるよ」「時系列がおかしいってファンに言われてる時点でまともじゃない」という指摘が多数みられます。

とはいえ、「岩本照」の言葉については「知らなかったのはデビューではなくて、デビュー日ってことでは?」「ファンの人には発表してなかったって意味だったのかもしれない。そこを探ってどうするの?」と、冷静な意見も見受けられます。

真実は「ジャニー喜多川社長、滝沢秀明副社長」など、ごくわずかな人物のみが知っている話です。「SixTONESファン」がこうした「モヤモヤ」を抱えたままの状態で、果たして「両A面シングル」の売り上げは伸びるのでしょうか。

「YOSHIKI」の「意味深コメント」により「スノストファン」の間では「スッキリ」しない気持ちで「同時CDデビュー」を迎えることになりそうですね。



SNSでもご購読できます。