増田貴久さん★伝説・不憫エピソード★ラジオ再現★人違いが招いた災難

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「増田貴久さん★伝説不憫エピソード★ラジオ再現★人違いが招いた災難」の事をお伝えしたいと思います。

A.B.C-Z」が「パーソナリティ」を務める生放送「ラジオ」「A.B.C-Z 今夜はJ’s 倶楽部」「4月3日放送NHKラジオ第1」に、「NEWS増田貴久さん」が「ゲスト登場」しました。「A.B.C-Z」と「増田貴久さん」はほぼ同期で、「ジャニーズJr.時代」は同じ「ステージ」に立っていた旧知の仲というだけあり、昔話に花を咲かせていました。そんな中、「ファン」の間ではお馴染みの「“増田貴久さんの不憫エピソード”」が本人の口から明かされ、「ネット上」が盛り上がっていました。

増田貴久さん」は「スタジオ」に登場するなり、「マジで待たせすぎね?」と「A.B.C-Z」に文句を言いました。「同ラジオ」は「2時間」の放送で、「増田貴久さん」は後半「1時間」の枠に登場しました。ですが、「増田貴久さん」は放送前に行われた打ち合わせの段階から参加していたらしく、放送が始まってからは前半「1時間A.B.C-Z」の「トーク」を聞き、ようやく自分の出番がやってきたという「ワケ」です。そのため、ついつい「待たせすぎ」とこぼしてしまったようです。




そんな「増田貴久さん」は、「五関晃一さん」と舞台「PLAYZONE’00 THEME PARK」で共演した際の「エピソード」を披露しました。「2人」は少年隊の「バックダンサー」として出演しており、「増田貴久さん」と「五関晃一さん」は「“シンメ”」「シンメトリー」として踊ることになりました。この当時、「Jr.」の中で「ダンス」に一目置かれていた「五関晃一さん」と「シンメ」で踊るということは、その他の「Jr.」にとって「奇跡的」だったらしく、「増田貴久さん」は「オレのダンスそろそろ認められたな」と喜んだそうです。ですが実際のところ、「増田貴久さん」は振付師からかなり怒られたそうで、「五関晃一さん」も「オレも気まずかったもん」と吐露しました。「少年隊さんの前でさまっすーにさおい増田お前も踊れてると思うなよ!」とか「怒られてた」」と「五関晃一さん」が当時の様子を再現しましたが、「いやそんな優しくなかったよ五関くんのフィルターを通すとすごい優しい」と「増田貴久さん」が「ツッコミ」ました。怒られた本人には「コノヤロー!!」と怒鳴られたように聞こえたと語っていました。

さらに、「増田貴久さん」本人も「“伝説”」だという「不憫エピソード」も語られます。「東京ドーム」で行われた「KinKi Kids」の「コンサート」に、「シンメ」で出演した「増田貴久さん」と「五関晃一さん」です。「リハーサル」で「Jr.全員」が「ステージ」にいなければいけない場面で、「五関晃一さん」「1人」だけ不在だったのですが、振付師は「増田貴久さん」がいないと勘違いし、「増田ー!どこにいるんだ増田ー!!」と大激怒していたようです。そのとき「A.B.C-Z」の「メンバー」も現場にいたようで、「塚田僚一さん」は「ドームが「“増田”」で鳴り響いた」と当時の状況を説明していました。

ステージ」にいるのに怒られている「増田貴久さん」は、「いますよーここにいますよー!!」と思い切り手を振り「アピール」していたそうです。そこでようやく「五関晃一さん」が登場し、今度は「五関晃一さん」が怒られるかと思いきや、振付師は「なんだ五関か」の一言で終了しました。「増田貴久さん」が明かすところによると、「オレも振付師と」同じぐらい叫んでたもん。「ノーマイク」で「いますよー!」って!」と必死に「アピール」していたものの、不憫な扱いをされてしまったようです。




この話は雑誌などで語られることはありましたが、これまで「NEWS」と「A.B.C-Z」の共演がほとんどなかったこともあり、本人たちの口で「“再現”」されたことに「ファン」は歓喜しました。「まっすと五関くんの話めっちゃ笑ったもっと聞きたかったぐらいだよ~!」「まっすと五関くんの思い出話本人たちの口から聞けたのすごく新鮮!」「ラジオだと怒鳴られ方が伝わってきてさらにまっすーがかわいそう相当な増田ー!」だったんだね」との反応でした。今だから笑える「エピソード」が聞けて喜んだ「ファン」は多かったようです。

苦楽をともにしてきた「メンバー」なだけあって、まだまだおもしろ「エピソード」が眠っていそうです。「ファン」からは、「NEWS」が司会を務める「ザ少年倶楽部プレミアム」「NHK BSプレミアム」に「A.B.C-Z」の出演を熱望する声もありますが、ぜひ実現してほしいものですね。

ジャニーズアイドル」も昔は「不憫エピソード」は誰にでも起こりますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。