秋山大河★退所&引退発表★沙也加と不倫のせい&悲しい&阿鼻叫喚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「秋山大河★退所&引退発表★沙也加と不倫のせい&悲しい&阿鼻叫喚」の事をお伝えしたいと思います。

昨年「12月上旬、「女性セブン」「小学館」の報道によって「女優・神田沙也加」との「“不倫疑惑”」が騒がれた、「ジャニーズJr.内ユニット・MADE」の「秋山大河」です。先日まで舞台「ミクロワールド・シンフォニア」に出演するなど、「スキャンダル」発覚後も「ファン」の前に姿を現していましたが、今年「1月31日」をもって「ジャニーズ事務所」を退所し、「表舞台を引退」することを宣言しました。正式発表が行われる前には、「ファン」がいくつかの「“異変”」に気づき、「グループ脱退」や「ジャニーズ退所」を予期していたというのですが。

「1月15日、MADE」は「ジャニーズJr.」の「ファンクラブ」「ジャニーズジュニア情報局」の会員向け「ページ」にて、「1月31日」をもって解散すると発表しました。「メンバー」の「稲葉光、冨岡健翔、福士申樹」は事務所に残りますが、「秋山大河」は「31日付」で事務所を離れるといいます。「4人」は「2019年春頃」から話し合いを続けていたといい、「30歳」を目前に控える中で、解散を決意したそうです。「2002年」に「ジャニーズ」入りした「秋山大河」は、「17年間」の「ジャニーズ生活」を武器に、今後は「コレオグラファー」「振付師」の道を目指していくとのことです。「表舞台を引退」すると明言していますが、「エンターテイメント」の世界には携わっていくようです。

今回の「コメント」では触れられていませんが、「秋山大河」といえば昨年「12月」に不倫疑惑が騒がれたばかりです。




「12月5日」発売の「女性セブン」によると、「秋山大河」と「神田沙也加」は昨年「7~8月」に上演された舞台「SHOW BOY」での共演をきっかけに、親密関係に発展します。秋が深まる頃には「禁断の恋にのめり込んでいった」と伝えていた一方で、同誌の取材に対して、「神田沙也加」の事務所は「秋山大河さんとは日頃から仲良くさせていただいております」と、「コメント」しました。「2017年4月」に結婚した「俳優・村田充」とは「既に離婚」していることを明かし、「秋山さんの事は村田さんも知っております」「不倫の事実はございません」と、暗に「村田充」との離婚後に「秋山大河」との交際が「スタート」した旨を主張していました。

「神田沙也加」と「村田充」は、「女性セブン」で記事が掲載される前日に、それぞれの「ブログ」で離婚の事実を公表しました。「村田充」の「ブログ」では、離婚時期について「今年の夏、二人で円満に離婚届を作成し、離婚に双方合意をいたしました」と触れているため、実際に夏頃に離婚届を提出していたのであれば、確かに「秋山大河」とは不倫関係ではないでしょう。とはいえ、「“限りなく黒に近いグレー”」という状況とあって、「ネット」上でも「秋山大河」と「神田沙也加」の不倫を断定する書き込みは少なくありませんでした。

そして報道直後には、「2人」が写っている「2枚」の写真が「ネット」上に流出しました。いずれも「カラオケ店」で撮影したようで、店内の「ポスター」の情報などから、昨年「9~10月」頃の写真である可能性が高いとみられます。いずれも第三者による撮影だったため、仲間内での記念写真にもみえ、「“交際の証拠”」とは言い切れない写真でした。

そんな渦中の「秋山大河」は、「ARASHI Anniversary Tour 5×20」の「バックダンサー」を務めており、「12月6日~8日」の福岡公演や、「同13日~15日」の「愛知・名古屋公演」には姿を見せていたといいます。ですが、「24日・25日」の「東京ドーム公演」は「MADE自体」が不在で、大晦日に「東京ドーム」で行われた「ジャニーズカウントダウン2019-2020」にも、「同グループ」は登場しませんでした。かたや、「秋山大河」自身は「関西ジャニーズJr.」の「古謝那伊留」が主演した舞台「ミクロワールド・シンフォニア」に予定通り出演しました。年明け「1月6日~11日」まで、都内の「紀伊國屋サザンシアター」の「ステージ」に立っていました。

公演期間中、主演の「古謝那伊留」は観劇に来た「ジャニーズ仲間」との動画を「Jr.公式エンタメサイト・ISLAND TV」に「アップ」していました。ですが、「秋山大河」は舞台裏の様子などを撮っておらず、「ファン」は「ガッカリ」していたようです。また、終了後の「13日」に「古謝那伊留」が「公式携帯サイト・Johnny’s web」の日誌を更新した際、舞台を見学に来た「タレント」たちの個人名を挙げていたにもかかわらず、共演者である「秋山大河」の名前や、「エピソード」すら書いていなかったため、「MADEファン」が「おかしい」と、「ザワ」つく事態になりました。こうした不穏な状況下で、「グループ連載」「MADEにおまかせ」の「1月14日」は「秋山大河」の担当回でしたが、日誌が掲載されないまま翌日を迎えました。




また、「MADE」の「4人」は昨年「4月」に「グループ結成11年目」にして舞台「イケメンヴァンパイア◆偉人たちと恋の誘惑 THE STAGE ~Episode.0~」で初主演を務め、今年「4月」にその作品の続編にあたる「イケメンヴァンパイア◆偉人たちと恋の誘惑 THE STAGE ~Episode.1」が予定されていましたが、昨年「12月26日」に「公式Twitterアカウント」が「チケット一般発売日延期のお知らせ」を発表しました。「1月6日」予定の一般発売日を「諸般の都合」により延期するとのことで、「ファン」に動揺を与えていたのです。

これら状況から、「ファン」は「スキャンダル」を受けての脱退や退所を危惧していました。そんな折に、「1月15日」に「ファンクラブサイト」で「MADE」の解散と「秋山大河」の引退が発表され、最悪の結果に多くの「ファン」が意気消沈しています。「MADE」の「コメント」には、昨年の春頃から「グループ」の今後について話し合っていたと記載がありますが、それならば解散は「4人」での舞台を終えてからでもいいはずです。時期的に、「神田沙也加」との一件が無関係とは思えません。ちなみに、「12月27日」発売の「フライデー」「講談社」によると、「神田沙也加」は離婚発表の数日後に都内の「マンション」に引っ越し、そこには「秋山大河」の愛用自転車が停まっていたそうです。同誌はすでに同棲を始めている可能性を指摘していました。

今回の「MADE」からのお知らせを受け、「ネット」上では「大河が引退なんて、本人の意思だとは思えない」「もし去年の春から解散の話し合いをしていたとしても、グループの主演舞台が決まってたのに、その前に解散なんてあり得ない」「このタイミングで大河だけジャニーズを辞めるなら、沙也加との不倫が原因だろうね」「「19年春頃から」とわざわざ書くのは、大河のせいではないって言ってるようなものだよね」「まさかこの間の「ミクロワールド」が最後の大河になるとは 悲しい」「沙也加が許せない。こんなにたくさんの人を不幸にして楽しい?」と、阿鼻叫喚の声があふれ返っています。

一方、「秋山大河」の「イケメンヴァンパイア」降板に伴い、代役として「ジャニーズ」の「4人組ユニット・ふぉ~ゆ~」の「松崎祐介」が出演するといいます。裏方に専念することになった「秋山大河」は、「神田沙也加」との愛を貫き、今後も「2人」で生きていくのでしょうか。

「秋山大河」に対しては何らかの「ペナルティー」があるとは思っていたのですが「MADE」の解散は想定外だった「ファン」もいたようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。