大橋和也★意外な才能発覚で転職宣言★西畑大吾は止めないんで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大橋和也★意外な才能発覚で転職宣言★西畑大吾は止めないんで」の事をお伝えしたいと思います。

関西地方で放送されている夕方の「報道・情報番組」「キャスト」「朝日放送」に、「水曜レギュラー」として出演している「関西ジャニーズJr.内ユニット」「なにわ男子」です。「メンバー7人」の中から週替わりで「2人」が「ロケ」に出て、関西のさまざまな仕事に体当たりで「チャレンジ」する「コーナー」「なにわの仕事を学びまSHOW」を担当しています。

「1月15日」の放送回は、先週に引き続き「特別編」として、「メンバー全員」で「300年」以上続く大阪発祥の伝統芸能「文楽」に挑戦します。




文楽とは、語り手となる太夫と三味線の演奏、そこに人形劇が合わさった、三位一体で演じられる総合芸術で、「ユネスコ無形文化遺産」にも登録された、大阪が世界に誇る伝統芸能です。先週は、物語を進める「太夫」役の「大橋和也、人形遣いAチーム」の「高橋恭平、藤原丈一郎、西畑大吾、人形遣いBチーム」の「道枝駿佑、大西流星、長尾謙杜」に分かれて、それぞれ練習に励みましたが、「アイドル」にも容赦ない「スパルタ指導」に、「藤原丈一郎」が「助けて 帰りたい」と弱音を吐く一幕もありました。

そして今週は、「なにわ男子メンバー」が「伊達娘恋緋鹿子「だてむすめこいのひがのこ」」という演目を披露します。「伊達娘恋緋鹿子」とは、愛する人の切腹を止めるため、火事だと「ウソ」をつき火の見やぐらの半鐘を打つ「お七」の物語で、文楽の中でも特に激しい「“恋情モノ”」だといいます。

物語の前半を担当する「Aチーム」は、人形で繊細な感情を表現することが難しい様子です。同番組で器用ぶりを発揮してきた「高橋恭平」も「できる気がしない まじで」とうなだれてしまいます。一方、後半を担当する「Bチーム」も、火の見やぐらを激しく上る人形の動きに悪戦苦闘します。やぐらの中から人形を動かすため、動きをまったく目視できず、人形の首が「180度」回転してしまい、「首が怖い」と「3人」が苦笑いする場面もありました。ですが、「長尾謙杜」からは「改善点はたくさんありましたけど「完成に」近づいている」と頼もしい発言が飛び出します。

そんな中、ひとり黙々と「カセットテープ」で練習に励んでいた「大橋和也」の元に、ようやく指導役の「六代豊竹呂太夫」が到着します。「“巨匠”」と言われる「豊竹呂太夫」は、多忙を極めるため、「2時間」しか「スケジュール」を押さえられず、ここでの登場となりました。「豊竹呂太夫」は「大橋和也」に「ええ声聞こえてたで」と声を掛け、めきめき上達していく「大橋和也」を「なかなかええ筋してるわ」と称賛します。




そしていよいよ本番を迎え、それぞれが学んだ成果を披露します。弱気な発言が多かった「Aチーム」ですが、息を合わせて見事に演じきり、「Bチーム」も死を覚悟した激しい「お七」をしっかりと表現して無事成功しました。

本番を終えると、指導役の人形遣いから「1日であんなにできたのは、すごいと思います」と労いの言葉が。さらに「豊竹呂太夫」も「お客さんが聞いても見ても感激したんちゃうかな」「大橋くんも、よう声出してね」と「大橋和也」を評価しました。すると、「“巨匠”」に褒められ、調子に乗った「大橋和也」は「転職しようかな」と一言。ですが、「西畑大吾」から「僕らは止めないんで」と言われてしまい、「大橋和也」が「なんでや!止めてや!」と慌て、「スタジオ」の笑いを誘いました。

今回の「なにわ男子」の挑戦に、「ネット」上で反響が大きく「みんなの努力が素晴らしかった」「短時間であそこまでできるのは本当にすごい!感動した」といった声が寄せられました。

「西畑大吾」の「大橋和也」への遠慮ない一言に「ファン」も笑ってしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。