伊野尾慧★プラべ写真を公開し岡本圭人を匂わせ★絆を感じたとファン歓喜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★プラべ写真を公開し岡本圭人を匂わせ★絆を感じたとファン歓喜」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の「伊野尾慧」が「木曜レギュラー」を務める情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」です。「1月16日」に放送された「伊野尾慧」の「コーナー」「伊野尾ピクチャー」では、屋台で食事する「Hey!Say!JUMPメンバー」の写真を披露しました。




「伊野尾慧」は「コンサートツアー」「Hey!Say!JUMPドームツアー2019-2020 PARADE」で福岡を訪れたといい、「屋台でご飯食べました」と説明します。続けて、「屋台の狭い空間は、ちょうどHey!Say!JUMP全員入って満席で。不思議な空間でちょっと面白かったです」とうれしそうに話していました。

この写真に、視聴者からは「楽しそうなプライベート写真をありがとう!」「メンバーでご飯を食べるって仲が良い!」という「コメント」が寄せられた一方、「ネット」上では、この屋台の「“特定”」に動く「ファン」も「チラホラ」いたようです。店名は「おかもと」というそうですが、「2018年8月末」から「グループ活動」を休業し、現在は「アメリカ留学中」の「岡本圭人」を思い出した「一部ファン」から、「絆を感じた」「きっと圭人も喜んでるね!」という声が集まりました。

その後放送された「イノ調」では、「東京オリンピック・パラリンピック」を支える職人を「伊野尾慧」が調査しました。過去「10年」以上、国内には「アーチェリー」の弓具を作る「メーカー」がありませんでしたが、江戸川区の町工場が開発したとのことで、実際に「伊野尾慧」が工場を訪れます。江戸川区の町工場「5社」が力を結集して作り上げたという説明に、「伊野尾慧」は「下町ロケットじゃないですか!」と興奮気味に「コメント」します。ですが、金属加工会社の社長からは「ロケットじゃないですけどね」と冷静に「ツッコ」まれる場面も見られました。




次に「伊野尾慧」が訪れたのは、「オーダーメード」の「競技用車いすメーカー」でした。同社は、「リオパラリンピック」の「車いすテニス」で「約9割」の選手が愛用するほどの、高性能の商品を製造しています。実際に、「テニス」や「バスケットボール」など、さまざまな競技用の車いすを乗り比べた「伊野尾慧」は、「明らかにこっちの方が旋回しやすい」「動き出しがめっちゃ早い」など、的確な感想を連発します。

視聴者からは、「相変わらず伊野尾さんの解説はわかりやすい!」「イノ調でオリンピック関連の取材をしているし、オリンピック特番に出演してほしい」という声が寄せられました。

「岡本圭人」の復帰も今年の秋くらいにはなると思いたいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。