櫻井翔★ベトナム旅行のお相手★まさかあの女とは&やっぱり&古参ファン衝撃の訳

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「櫻井翔★ベトナム旅行のお相手★まさかあの女とは&やっぱり&古参ファン衝撃の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「1月16日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」にて、一般女性との「“ベトナム婚前旅行”」現場を「スクープ」された「嵐・櫻井翔」です。昨年「11月、二宮和也」が「元フリーアナウンサー・伊藤綾子」と結婚した際は「ネット」上は大荒れとなりましたが、今回も多くの「ファン」が「ショック」を受けています。そんな中、「デビュー当時」からの「ファン」の中には、そのお相手に心当たりがあったようで、「あの人だけはやめてほしい」などと、悲痛な叫びを「ツイート」しています。

同誌が「櫻井翔」と女性の姿を「キャッチ」したのは、「ベトナム中部」の「高級ビーチリゾート・ダナン近郊」の「五つ星ホテル」でした。「1月4日」の昼下がり、「櫻井翔」は「プールサイド」で「女優・尾野真千子似」の小柄な「美女・Aさん」と、束の間の休みを満喫していたそうです。「Aさん」とは、慶応大学時代の同級生で、彼女は在学中に「ミス慶応」にも選ばれた過去があるとのことです。後に関西の「テレビ局」に入社しましたが、昨年秋に退職しているといいます。




「嵐」は、昨年「1月」の「2020年」いっぱいでの活動休止発表以降、「“ファンへの恩返し”」とばかりに大きな「イベント」が相次ぎました。「20周年記念ツアー」「ARASHI Anniversary Tour 5×20」を開催したほか、「サブスクリプション型音楽ストリーミングサービス」で「シングル曲」の配信が「スタート」し、「YouTube」や「公式SNSアカウント」も開設しました。そんな「アニバーサリーイヤー」に、突如、「二宮和也」と「伊藤綾子」が結婚を果たしたことで、「活動休止まであと1年待てなかったのか」といった不満の声が続出しました。入籍時期が「ツアー」の真っ最中だった点についても、否定的な意見が多く出てしまいました。

「二宮和也」の結婚時に「祝福コメント」を寄せたのは、「櫻井翔」と「相葉雅紀」の「2人」でした。「櫻井翔」は「この度の二宮の決断に関し、中学生の頃に出会った幼馴染みの一人としては、幸せになってほしいと願うばかりです」と、「メンバー」の幸せをお祝いしつつも、「より一層、嵐を全うしたいと思います」と宣言します。自身の「プライベート」は二の次にし、残された時間は「ファン」のために尽くす覚悟なのだと称賛の声が上がっていました。また、結婚発表後の「11月14日~16日」に行われた「北海道・札幌ドーム公演」でも、「櫻井翔」は「1曲目」から「夢の世界へようこそ」とお客さんを煽って盛り上げた上で、「MCタイム」も結婚に触れる「ムード」を出さずに進行するなど、配慮が「バッチリ」だったそうです。「櫻井翔」の姿勢に好感度は上がる一方でした。

そんな中で報道された今回の報道に対し、「嵐」の「公式インスタグラム」の「コメント欄」などには「翔ちゃんには幸せになってほしい」「ショックだけど、いい年をした男性だから、恋もすれば結婚もする。むしろ「おめでとう」って言ってあげられるファンでありたい」と、結婚に賛成派の「コメント」も見受けられます。

ですが、これ以外では「翔くんがこの時期に撮られるのはつらい。なんで活動休止後じゃダメなの?」「プライベートは自由だけど、ファンが荒れてるこの時期に、呑気に撮られてる場合じゃない」「女性とこの時期に海外行くかな」「ツーショットになるのは気が緩みすぎ。せめて別行動できなかった?」「ニノの件で学ばなかったの?バカしかいないな」と、批判的な言葉が「SNS」上に並んでいます。




そんな中、「週刊文春」に書かれている「ミス慶応」「関西のテレビ局」といったお相手の「プロフィール情報」をもとに、「ネット」上では個人名が特定され、わずかながら写真も出回っています。「ミス慶応」に選ばれた時の画像と、「櫻井翔」が仲間と撮った若かりし頃の写真を比較し、「この中に写っているのでは」と検証する「Twitterユーザー」も存在するほどです。一方で、「Aさん」は一部熱心な「嵐ファン」の間で、かねてより認識されていた女性だったようです。

「Aさん」は関西の「テレビ局」に勤めていたため、「櫻井翔」とは遠距離恋愛をしていた時期もあるようです。最近になってくっついたのではなく、要は「“元カノ”」だったわけです。古くからの「ファン」いわく、「櫻井翔」が大学卒業後に大阪に通っていたのは「有名」だそうで、今回の旅行報道を受けて「結婚しそう」と戦々恐々としている様子です。「2006年」の「ソロコンサート」「Extra Storm in Winter ’06 THE SHOW」の大阪公演にも男友達とともに彼女を招待していたという「エピソード」や、「横浜アリーナでもご学友がいると必ず紛れてた」という「ツイート」が見られます。「まさか今になってあの女を選ぶとは 衝撃」「やっぱり、いつもコンサートに来てた女じゃん!」という反応や、「18年前からのファンだけど、いろんな意味で彼女が苦手」「ファンにマウントを取ってくるような女だった」「男友達と一緒にコンサートに来て、ファンを小馬鹿にする態度をとっていた」などと、複数人が「Twitter」上で愚痴をこぼしている状況です。

「嵐」は、今年の春に北京で「コンサート」を行うと発表しており、「5月」には新国立競技場での「ライブ」も予定されています。活動休止までの「1年」、これ以上「ファン」を気落ちさせるような言動は控えてほしいものですが。

「A子さん」が「ファン」に向けて匂わせていたりしているのならまだしも目立った行動も見られないことから「ファン」も素直な気持ちで祝ってあげても良いように思うのですが。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました