櫻井翔★夜会で鈴木亮平の迫力にすいませんと謝罪★思わず恐縮した訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「櫻井翔★夜会で鈴木亮平の迫力にすいませんと謝罪★思わず恐縮した訳」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・櫻井翔」と「有吉弘行」が有名人の素顔や本音に迫る「バラエティ番組」「櫻井・有吉THE夜会」「TBS系」です。「1月16日」の放送回は、「3週連続豪華俳優コラボ祭り」の「第2弾」が放送され、「19日」から「スタート」する日曜劇場「テセウスの船」から、俳優の「竹内涼真、鈴木亮平、榮倉奈々、貫地谷しほり」が「ゲスト出演」しました。




「鈴木亮平・竹内涼真 やりすぎ俳優の趣味ドハマり年表」という「コーナー」で、「竹内涼真」は学生時代に「アメリカン・コミック」を原作とした「スーパーヒーロー」もの「マーベル作品」に「ドハマ」りしたという「エピソード」を披露します。特に「キャプテン・アメリカ」が大好きで、「19歳」までは「キャプテン・アメリカ」の被り物をして映画館に作品を見に行っていたといいます。また、「鈴木亮平」も「「マーベル作品は」全部見てます!」というほど好きなんだそうです。そこで「櫻井翔」が「特に好きなのは?」と尋ねると、「アイアンマン」とのことです。「やっぱ、みんな「それぞれ好きな作品が」あるんだ~」と笑顔でうなずく「櫻井翔」でしたが、「鈴木亮平」から「見てない?」と言われてしまい、「あっ、すいません」となぜか謝罪する一幕もありました。恐縮する「櫻井翔」は、「有吉弘行」から「怒ってない、怒ってない」と「ツッコ」まれたものの、「今日見ます!「アイアンマン」から見ます!」と宣言し、「スタジオ」の笑いを誘いました。

その後放送された、「ゲスト」が気になっているものや尋ね人を探す「これ探してもらえませんか?」の「コーナー」では、「榮倉奈々」がかつて「週3回」通っていましたが、突如閉店した青山の焼き鳥屋「鳥花心「とりかしん」」を探すことになります。ですが、番組が「ネット」や「電話帳、区役所」に尋ねるなどいろいろな方法で大捜索するも「過去数十年、青山に「鳥花心」は存在しない」という結果になり、「スタジオ」からは「怖い怖い、急にホラー」という悲鳴が上がります。




すると「櫻井翔」は「行ってましたよね、鳥花心」と「榮倉奈々」に詰め寄り、「行ってましたよね?青山にありましたよね?でも過去数十年にわたって鳥花心はないんです!」と刑事のように「キッパリ」。これに「有吉弘行」から「かっこいい!古畑みたい」との「ツッコミ」が入り、「BGM」に「ドラマ」「古畑任三郎」「フジテレビ系」の「テーマソング」が流れます。すると、「櫻井翔」は気を良くしたのか、再び「そんなものは存在しません!」と「ドヤ顔」で声を荒げ、「スタジオ」は大爆笑に包まれました。結局、「榮倉奈々」の覚え間違いで「鳥花心」ではなく「とり花神」というのが正しい店名で、同店の店主は、現在荻窪で「鶏やすだ」という焼き鳥店を営業していることが判明しました。

「ファン」からは「翔くんが調べたわけではないのに「笑」」という指摘や、「翔くんの古畑役カッコいい!演技を見たくなってきたなあ」「古畑風のコントが始まって面白かった」などさまざまな意見が飛び交いました。

「アイアンマン」は「櫻井翔」にとっては大切な「テリトリー」ではなかったようですね。



SNSでもご購読できます。