堂本剛★お前、何年この世界やってんねん★堂本光一を叱責した訳

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「堂本剛★お前、何年この世界やってんねん★堂本光一を叱責した訳」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」の「バラエティー番組」「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系、1月18日放送」に、女優の「大原櫻子」が「ゲスト出演」しました。

「ゲストのやりたいことをする」というのが「コンセプト」の同番組です。「大原櫻子」のやりたいことは、「おいしい砂肝が食べたい!」というものでした。砂肝が好きすぎるあまり、「朝から1パック」食べるという「大原櫻子」は、「シンプルな味付けで、とにかく大きい砂肝を食べたい」と「オーダー」します。すると、なぜか「堂本光一」が浮かない表情になります。実は「堂本光一」、内臓系の食べ物が苦手らしく、この企画を聞いた時は「最悪や!」と思ったそうです。




ですが、「ロケ」は通常通りに進行します。まずは、「東京・銀座」に「オープン」したばかりの「銀座希鳥」にて、「大原櫻子」と「堂本剛」が「砂肝のやきとり」を食します。「2人」が味を絶賛する中、砂肝が苦手な「堂本光一」は「ふりそでのやきとり」など「別メニュー」を注文し、「うわ、うっま!」と笑顔を見せていました。

そんな中、話題は「大原櫻子」と仲が良いという「女優・広瀬すず」の話になります。「広瀬すず」は同番組に過去「2回」出演したということで、「大原櫻子」はこの収録の前に「どんな感じだった?」と感想を聞いたのだそうです。すると「広瀬すず」からは「楽しかった!なんだか自由って感じ!笑」との「返信メール」が来たとのことです。このあっさりした「広瀬すず」の感想に、「堂本剛」は「すごいシンプル!」と言い、「堂本光一」は「もうちょっとあるやん。「剛さんはこんな感じで」とか、そういうのあったでしょ!?」と食い下がるものの、「大原櫻子」いわく、これ以上のやりとりは「なかったです」と「キッパリ」。「堂本剛」は「カメラ」に向かって「すず、本当に〜!」と思わず嘆いたのでした。

次に一行は、「東京・浅草橋」にある「獣 鉄板焼き Tamaya」へ。ここでは「KinKi Kids」「2人」が店で寝ている場面から始まり、「堂本剛」は「塩辛いもの食べたからホットケーキが食べたい」「テレビの収録とは思えないほど眠たい」と自由な発言を連発します。「堂本光一」に至っては「ここどこ?」と店内を見まわし、「広瀬すず」の言った「自由って感じ!笑」を体現する「ロケ」に、「大原櫻子」は困惑します。




その後、「ダチョウの砂肝たたき」が登場すると、「うわっ、おいしい!」「大原」「普通においしい」「剛」と「2人」は絶賛します。「コリコリ」とした食感が人気とのことですが、砂肝を噛んだ時の音がなかなか録れないということで、「大原櫻子」の隣にいる「堂本光一」が「じゃあ、俺やりましょうか?」と音声役を自ら志願しました。

早速、「マイク」を「大原櫻子」に近づける「堂本光一」ですが、その位置が間違っているため、「お前、何年この世界やってんねん!」と「堂本剛」から叱責が。その後、なんとか音を録ることに成功すると「やっと仕事できたわ~」「今日の仕事、これだと思ってるから!」と、満足そうな表情を浮かべた「堂本光一」でした。

この放送に「ネット」上では、「光一くん、内臓系食べられないんだ!ちょっと意外」「「KinKi Kidsのブンブブーン」ほど自由な番組見たことないよ「笑」」「今日はいつも以上に自由だった気がする。まあ、KinKiの2人がかわいいのでOK「笑」」といった「コメント」が寄せられていました。

「ベテラン」の「堂本光一」でも音を録ることが簡単ではないことが良く分かりますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました