石田直也さん&村木亮太さん★Rの法則★人気メンバー退所★SNS開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「石田直也さん&村木亮太さん★Rの法則★人気メンバー退所★SNS開設」の事をお伝えしたいと思います。

5月23日」に「KingPrince」が「シンデレラガール」で「CDデビュー」し、「3月中旬」より「動画配信サイトYouTube」で「ジャニーズJr.チャンネル」が「スタート」するなど、転換期を迎えている「ジャニーズJr.」です。この春で人気番組「Rの法則」「NHK Eテレ」の「レギュラー」だった「2名」の「Jr.」が退所したことが発覚し、「ファン」に衝撃が走っています。

トランペット」を得意とし、「“トランピー”」のあだ名で親しまれていた「石田直也さん」は、「4月1日」に「Twitter」で「ジャニーズ事務所退所」を報告しました。「ジャニーズJr.でトランピーとして活動してきて得られたことは人生の宝物ですそしていままで応援してくださった方々裏切ってごめんなさいお礼とお詫びをしたかったのでこのような形でお伝え致しましたいままでありがとうございました」と、現在の心境を「プライベート写真」とともに投稿しました。「石田直也さん」は「3月」で「4期メンバー」だった「Rの法則」の「レギュラー」も卒業しており、同月末で「ジャニーズ」の活動に区切りがついたのでしょう。

最初の「ツイート」の後、「石田直也さん」は「今までインスタ流出したりして本当にご迷惑をおかけしました」と謝罪していましたが、こちらはすでに削除されています。確かに、「石田直也さん」は「2016年」頃に番組で共演した「クリス松村さん」と撮った記念写真を自身の「インスタグラム」に「アップ」し、その「スクリーンショット」が出回っていました。また、退所にあたってお世話になった「ジャニーズ」の先輩に連絡を入れたそうで、「2人」から「いろんな人に感謝してね!」「これで良かったと言わせる生き方をしたもん勝ちやからな」という「メッセージ」を受け取ったようです。「今も羽田空港で働いているので見かけたらお声かけください」と、個人的な情報まで書いていましたが、この投稿ものちに削除しています。




翌2日」には「事務所にいたからこそみんなに知ってもらえたしみんなの前で輝けたと思いますたくさん事務所に甘えてきましたこれから辛いことたくさんあるけど自分なりに頑張ります」と、あらためて「ファン」への感謝の気持ちを綴りました。その後も「フォロワー」からの質問に答えるなど、「ジャニーズ時代」はあり得なかった「SNS」での交流を楽しんでいます。

さらに、同じく「Rの法則」の出演者だった「村木亮太さん」も、「3月31日」までに事務所を退所したようです。「村木亮太さん」は「バラエティ」「ジャニーズJr.ランド」「BSスカパー!」などで活躍したほか、「15年12月16年1月」の舞台「JOHNNYSWorld」「ジャニーズワールド」でお披露目された「ユニット天才Genius」の「メンバー」として、「菅田琳寧さん本高克樹さん」と一緒に活動しました。「5日」現在、「ジャニーズ公式サイト」の「メディア情報欄」には「Rの法則」の「レギュラー」に名を連ねているものの、「村木亮太さん」を名乗る「Twitterアカウント」が「4月5日」の「午前10時」台に「元ジャニーズjrの村木亮太と申します 約6年応援してくださりありがとうございました」と、写真付きで「ツイート」しました。

この投稿は「3,300件」以上リ「ツイート」されており、「午後4時」台には「ファン」の「コメント」に反応したのか、「jrランドの社長ってあだ名クソ懐かしいねww あの衣装癖強すぎたからな」と、過去の番組に言及しました。「ユニット活動」では「菅田琳寧さん」が「アクロバットの天才」で、「本髙克樹さん」は「頭脳派の天才」という特徴があった一方、「村木亮太さん」は「凡人の天才」といった「キャッチフレーズ」があり、「3人」の今後に期待する「ファン」も少なくなかったのですが、どうやら「村木亮太さん」のみが「ジャニーズ」とは別の道を歩み始めたとみられています。

村木亮太さん」は学業優先で一時期「Jr.」の仕事を休んでいた時期があり、以前から露出が少なかったため、退所疑惑がささやかれていました。そんな中、本人らしき「Twitterアカウント」が誕生し、ようやく退所が明らかになりました。「Jr.」の退所に関して、「ジャニーズ側」からの正式発表は基本的に行われないだけに、「石田直也さん」も「村木亮太さん」も自ら「Twitter」で「ファン」にお礼の言葉を述べたかったのでしょう。開設したばかりの「村木亮太さん」の「Twitter」では、「石田直也さん」や「元Jr.」の「玉元風海人さん」、現在は「ダンスボーカルグループANTIME」の「Fu」こと「高橋颯さん」らを「フォロー」し、やり取りしています。一方、「天才Genius」で一緒だった「菅田琳寧さん」や「本高克樹さん」は「3月発売」の「アイドル誌」にも載っていますし、「3月末」の「ジャニーズJr.祭り2018」にも見学に訪れていました。




先述の「JOHNNYS’ World」を観劇した「V6井ノ原快彦さん」は、「16年2月」の「ラジオ番組」「V6 Next Generation」「JFN系」で、「“天才Genius”」という「グループ名」について「やっぱジャニー喜多川ってスゲーなぁと思って」「“天才って言ったらあのグループだ!」ってなる日がいつか来るんだろうなと思うとスゲーなぁと思って」と、「ジャニー社長」の「ネーミングセンス」に感銘を受けていました。大先輩の「井ノ原快彦さん」も食いついた「天才Genius」でしたが、最近は目立った活動もなく、「村木亮太さん」も退所したとあっては、「グループ解体」は自然の流れでしょう。

また、「」の「コンサート」などで「バックダンサー」を務めていた「宇宙Six」の「林翔太さん」が、「3月31日」をもって「グループ」を脱退すると発表しました。本人からの「メッセージ」とともに「ジャニーズ公式サイト」「ジュニア情報局」のお知らせ欄に掲載されました。お芝居への思いが強くなり、考えた末に「メンバーも話し合いの中で僕の想いを理解し最終的に送り出す決断をしてくれました」とのことです。今後は個人で「46月」に「滝沢歌舞伎2018」に出演するほか、「89月」に「ブロードウェイミュージカル」「ロジャースハート」も控えています。「Jr.グループ」の脱退発表は珍しく、「ファン」の間で大きな話題となりました。

これら、最近の「Jr.」の「“異変”」について、「ネット上」では「トランピーに続いて村木も退所かキンプリのデビューって大きいんだな」「最近退所多いなぁ やっぱりキンプリがデビューするからかな?」「最近Jr.の退所が続くなJr.ファンとしてはなかなかつらい現実」「キンプリのせいとは思ってないけど辞めた彼らを応援してたファンの人の失礼のないように頑張ってほしい」などと、悲痛な声が上がっています。

中には「3月31日でやめたJr.、トランピーと村木くん以外にもまだいそう」と不安視する人もいるようです。「ジャニーズ」の若手に変化が続いていますが、いずれにせよ残っている「Jr.」や、新たな活動を始めた「“辞めジュ”」の彼らの幸せを願いたいですね。

春は出会いの春であり別れの春ですよね。「ジャニーズJr.」の世界も人生の岐路に立たないといけない時が来るんですね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。