桐山照史★2020年引退の危機に陥る★島田秀平の手相占いに驚愕

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「桐山照史★2020年引退の危機に陥る★島田秀平の手相占いに驚愕」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の冠番組「エージェントWEST!」「朝日放送」が、「1月18日」深夜に放送されました。同番組は、「ゲスト」の「“ささやかな願い”」を叶える「トークバラエティ」で、先週に引き続き、「手相芸人・島田秀平」が出演しました。

「島田秀平」の「“ささやかな願い”」は、子どもが生まれたために飼い犬となかなか遊べないということで、「愛犬のブランを一日思いっきりねぎらって!」というものでした。この願いを叶える「ロケ」は、すでに「藤井流星」が実行済みですが、「島田秀平」が「ロケVTR」を見るには、「WESTメンバー」が出したお題にすべて答えなければなりません。ですが今回は特別に、手相占いでおなじみの「島田秀平」が「ゲスト」ということで、「WESTメンバー全員」の「2020年運勢ランキング」を発表することが、「VTR解禁」の条件となりました。




今週はいよいよ、「WESTメンバー」の「運勢ランキング」を発表しました。「島田秀平」は結果について、「1位」になった「メンバー」は「今年、この人を中心に芸能界が回るんじゃないか」と期待を寄せるも、最下位は「芸能界引退の危機」と不吉な予告をします。「7人中」、まず発表されたのは「6位」の「藤井流星」でした。手相を見たところ、薬指と小指の間に「不思議ちゃん線」という線があり、これは「島田秀平」いわく「2020年、不思議ちゃんがとまらない」暗示なのだそうです。続く「5位」は「濵田崇裕」で、億万長者の相と言われる「覇王線」「不動産線」を持っているものの、いい人過ぎて殻を破れないため、順位が低くなったといいます。

「4位」は「神山智洋」で、「運命線」を「2本」持つため、「島田秀平」いわく「二つの分野で活躍できる可能性を秘めている」のだそうです。「2020年」は「天狗にならないように注意が必要」ということで、真ん中の順位となりました。「3位」は「中間淳太」で、人差し指の付け根に「ソロモンの環」と呼ばれる手相があり、これは「近い将来、幸福が訪れる暗示」とのことです。ですが、「中間淳太」は「メンバー」から「イジ」られないと力を発揮できない「かまってちゃん」な一面があるため、順位が伸び悩んだようです。

続く「2位」は「重岡大毅」でした。「島田秀平」から「エロの権化」と言われる程、しっかりとした「エロ線」があるそうで、これは言い換えれば「魅力線」でもあるといいます。また、現状からもう一段階「ランクアップ」できる「成り上がり線」も見られるということで、思わずにやけ顔の「重岡大毅」でした。




そして注目の「1位」は、「小瀧望」でした。今年が本厄だという「小瀧望」は、「1位」だと聞いても信じられない様子です。そんな「小瀧望」に対し、「島田秀平」はさらなる活躍のために「高い設定でライバルの存在が必要」と「アドバイス」を送ります。すると、「小瀧望」は少し考えてから、「カメラ」に向かって「僕はいつか 木村拓哉さんを超えます!」と宣言します。これを聞き、「アドバイス」したはずの「島田秀平」が「メンバーの名前言うと思ったら、まさかキムタクさんの名前出るとは 引くわ~」と言いだし、力強く「おい!」と「ツッコミ」を入れる「小瀧望」でした。

浮かれる「小瀧望」に対し、最下位が確定してふてくされている「桐山照史」です。「島田秀平」によると「急激に老いが進みそう」とのことで、「メンバー」は大爆笑します。「桐山照史」はこの結果を聞き、「なんか最近、ずーと歯ぐきから血が出るのよね」と神妙な面持ちになります。もともと持っている手相は非常に良いものの、「お疲れ線」なる線が現れているそうで、心身ともに疲労が溜まる「1年」になると診断されていました。

今回の放送に「ファン」からは、「手相占いめちゃくちゃ面白かった!のんちゃんの大ブレークに期待!」「木村さんを超える宣言、かっこいい~!目標はそのくらい高くないとね」「照史くん、今年は頑張りすぎないでほしい。体調が一番大事だからね!」といった声が寄せられていました。

「桐山照史」の引退危機だけは現実になってほしくないですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました