稲垣吾郎★正門良規と朝ドラ共演で電撃和解★背景に滝沢秀明副社長の存在

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「稲垣吾郎★正門良規と朝ドラ共演で電撃和解★背景に滝沢秀明副社長の存在」の事をお伝えしたいと思います。

「元SMAP・稲垣吾郎」が、現在放送中の「NHK連続テレビ小説」「スカーレット」に出演すると、「ニュースサイト」「文春オンライン」が報じましたが、間もなく正式に発表されるといいます。「ジャニーズ事務所」を退所したことにより、同社からの「“圧力”」や「テレビ局側」の「“忖度”」により、「テレビ出演」の機会が激減していた「稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛」でしたが、今回の出演は「ジャニーズ」との「“電撃和解”」の布石になるのではと、業界関係者は衝撃を受けているようです。




「戸田恵梨香主演」の「スカーレット」には、「関西ジャニーズJr.内ユニット・Aぇ!group」の「正門良規」も出演者として名を連ねています。「稲垣吾郎」との「共演シーン」の存在は定かでないものの、「現役ジャニーズ」と退所者が、同じ作品で「“共演”」することになりました。

「ジャニーズ」を退所した「タレント」は、まるで「“前科一犯”」のような扱いを受け、「大手メディア」から「“干されて”」しまうことが一般的でした。例えば、「テレビ」を始めとした「メディア」への出演が難しくなり、「コンサート会場」を借りにくくなるなど、「ジャニーズサイド」の圧力や、「マスコミ関係者」たちの忖度により、思うように活動することが限りなく難しくなるというのが実情だったのです。実際、「稲垣吾郎」ら「3人」も、独立当初はかつてのように地上波の「テレビ番組」に出演できない状態が続くとみられていました。ですが昨年「7月」に「ジャニーズ事務所」が、公正取引委員会から「元SMAP」の「テレビ出演」をめぐり、「民放テレビ局」などに圧力をかけた疑いがあるとして「“注意”」を受けていたことが発覚し、以降は彼らの扱いが変わってきた印象です。

今回、「稲垣吾郎」が「スカーレット」に出演するのも、そうした変化の一つでしょうが、それ以上に「稲垣のように円満退所とはいえない元ジャニーズが、現役とドラマ共演とは、まさに歴史的な出来事。以前なら絶対考えられなかった」といいます。




近頃になって「SMAP」の「元マネジャー」で、「3人」が所属する事務所「CULEN「カレン」」の「飯島三智代表」と、「ジャニーズ副社長」に就任した「滝沢秀明」が、良好な関係を築きだしたという話を耳にしました。業界のしがらみを嫌う「滝沢秀明」の後押しもあって、今回、「稲垣吾郎」と「正門良規」の共演が実現したのではないでしょうか。とはいえ、情報番組や特別番組をのぞいて、まだまだ「テレビ局」は「ジャニーズ」の天下です。やはり民放の「連ドラ」、また音楽番組などで「“元ジャニーズ”」が出演するのは、まだまだ「ハードル」が高いという現実があります。

今回の「朝ドラ出演」は「3人」、そして「ジャニーズ」にとっても、大きな節目になるかもしれないですね。

「飯島三智代表&滝沢秀明」が「強力ダッグ」を組む日もそう遠くはないのかも知れないですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました