スノスト★77万枚超えの大記録★初日売り上げジャニーズ歴代1位

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「スノスト★77万枚超えの大記録★初日売り上げジャニーズ歴代1位」の事をお伝えしたいと思います。

「SixTONES」と「Snow Man」の「両A面デビューシングル」「Imitation Rain / D.D.」が、「1月21日付」の「オリコンデイリーシングルランキング」で「初登場1位」を獲得しました。発売初日の売り上げは「77万2,902枚」で、今年度の「デイリーランキング」において最高記録となる「大ヒット」を飛ばしています。双方の「メンバー」は「初動ミリオンセラー「100万枚」」を目標に掲げていましたが、その夢は数日のうちに現実のものになりそうです。

「2組」は、昨年「8月8日」に行われた「コンサート」「ジャニーズJr.8・8祭り ~東京ドームから始まる~」の「ステージ」上で、「ジャニーズ事務所史上初」となる「“同時CDデビュー”」を発表しました。「Snow Man」が「エイベックス・エンタテインメント、SixTONES」は「ソニー・ミュージックレーベルズ」と、それぞれ異なる「レコード会社」への所属となりましたが、今回は「SixTONES vs Snow Man」「Snow Man vs SixTONES」名義で「CD」を「リリース」しました。「計6形態」が販売され、付属の「DVD」には「Snow ManとSixTONESがチームにわかれて絆度チェック!シンクロBINGO!」「with Snow Man盤」「SixTONESとSnow Man のごちゃまぜチームで課題をこなせ!イミテーション・ボーリング!」「with SixTONES盤」などを収録しており、「両グループ」の「ファン」ならば、全種類揃えたくなる内容です。




「SixTONES」の「Imitation Rain」は、「X JAPAN」の「YOSHIKI」が「作詞・作曲」を担当し、「ジャニーズ」の「デビュー曲」では珍しい「タイプ」の「ロックバラード」に仕上がりました。対照的に「Snow Man」の「D.D.」は疾走感のある「ダンスナンバー」で、作詞の「栗原暁」「Jazzin’ park」と、「作曲者・HIKARI」はいずれも「ジャニーズアーティスト」の楽曲を多く手掛けている人物です。今作は、購入者限定の「スペシャルイベント+ハイタッチ会」が予定されていて、応募締め切りは「1月21日~26日」までとなっています。「イベント」がある場合、「CD」は比較的に売れる傾向にありますから、「Imitation Rain / D.D.」の初日記録もかなり伸びるのではないかとみられていました。

「1月7日」には、「コンサート」「TrackONE -IMPACT-」の中で、「SixTONESメンバー」が初動の「ミリオン」を目指している旨を宣言します。「MC」で明かしたところによると、彼らはこの時点での「CD予約枚数」を把握していたそうです。そして同日夜、「SixTONES」は「インスタグラム」の「ストーリー」を更新します。「スマートフォン」を持つ「松村北斗」が「「Imitation Rain」の通常盤をちょっと追加「で注文している」」「100「枚」!」と話している動画で、これを見た「ファン」からは「北斗くんが100枚購入したみたいだし、自分も追加する」といった声が続出します。ですが一方で、「ファンに大量買いをお願いするのって下品すぎる」「「力を貸して」だけならまだしも、「買え」ってファンを煽ってるじゃん」などの批判も噴出してしまいました。

「CD」の購買を促すにあたり、「Snow Man・ラウール」の発言も大ひんしゅくを買いました。昨年「8月24日」の「コンサート」「Summer Paradise 2019」内で、「佐久間大介」が「CD」の購入目的について「鑑賞用、使用用、保存用、予備用予備の予備用、ペット用」などと例を挙げたところ、「ラウール」は「カラス撃退用。ベランダに干す」と、「コメント」したそうです。彼は「16歳」とあって、まだ言っていいことと悪いことの判断がつかない年頃かもしれませんが、「ネット」上では「そのカラスよけになるCDを発売したくて、どれだけのJr.が悔しい思いしてると思ってるの」「ジャニーズだけじゃなくて、全てのアーティストを冒涜してる」「アーティスト側が言っちゃうなんて制作側に失礼」と、「バッシング」が相次ぎました。

これにより謙虚な姿勢を身につけたのか、「1月20日」に「エンタメサイト・ISLAND TV」にて配信された動画「ラウール「デビューまで あと2日!」」においては、「僕たちSnow Manが掲げた目標はですね、初動ミリオンということで。それには、まだまだ皆さんの力が必要です。なので、わがままですが、僕たちにお力をお貸しください。よろしくお願いします」と、丁寧な言葉遣いで協力を呼びかけていました。




一方、「2018年」に「デビュー」した「King&Prince」の「1stシングル」「シンデレラガール」「5月23日発売」は、発売初日に「31.8万枚」を売り上げ、「初週57.7万枚」を「マーク」しました。「オリコン発表」の「データ」によると、「デビューシングル」の初週売り上げは、「KAT-TUN」の「Real Face」「2006年発売、75.4万枚」が「歴代1位」で、「シンデレラガール」が「2位」に着いていました。今回、初日で「77万枚」という数字は「SixTONES vs Snow Man」「Snow Man vs SixTONES」名義の合算とはなりますが、「KAT-TUN」の初動記録をわずか「1日」で上回ったことになります。

また、「21日付」の「デイリーランキング」では、「2位」が「モーニング娘」。「’20」の「KOKORO&KARADA/LOVEペディア/人間関係No way way」「全7種、10万6,693枚」で、「3位」は「東方神起」の「まなざし」「ファンクラブ会員限定盤を合わせて全3種、4万7,964枚」といった結果になりました。「2位」と「3位」とは大きな差がついているため、「SixTONES&Snow Man」は「オリコン週間シングルランキング」でも間違いなく首位に輝くでしょう。これには「ジャニーズファン」からも「ジャニーズ歴代1位の初日77万枚突破おめでとう!」「合算とはいえ、デビュー曲で初日77万超えはスゴい。さすがジャニーズ」「スノスト、ある程度予想はしてたけど、初日で77万超えとかえげつない」「スノストめでたい!ジャニーズが景気良いとうれしい」と、驚きの声が続出しています。

公言した「初動ミリオン」は射程圏内ですが、果たして初日以降もこの勢いは続くのでしょうか。

「ジャニーズ史上」「モンスター」の様な「2組」の「グループ」が誕生したとはいえ勢いがどこまで続いて行くのか「ファン」も期待してしまいますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました