村上信五★目立つ仕事しかしない★自己顕示欲の強さがジャニ勉で発覚

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「村上信五★目立つ仕事しかしない★自己顕示欲の強さがジャニ勉で発覚」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ」が、「1月22日」深夜に放送されました。「俳優・袴田吉彦」と「タレント・保田圭」を「ゲスト」に迎え、「トーク」を展開しました。




この日は番組後半に、「心理テスト」で出演者の深層に迫る「コーナー」「ブラック心理学」を行いました。出題された「夢の中で「時給〇〇円!〇〇掃除の仕事」の求人を発見します。時給はいくらで、どんな掃除の仕事?」という問題では、「どのくらいの損得勘定で、気配りをしているか」がわかり、その結果「自分さえよければ、それでいい度」が導き出されるとのことでした。

「自分さえよければ、それでいい度」が一番低かったのは、「保田圭」と「安田章大」でした。「安田章大」については、「関ジャニ∞メンバー」も「そうやんな」と納得の様子です。「安田章大」は「時給100円で、切り株の掃除」と独特な回答をしましたが、「切り株の掃除」から「人の気がつかないところにも気を配る」という心理が読み取れるそうです。また、「“切り株”」は心理学的に「心の傷やトラウマ」を表すといい、思わぬ深い結果に「関ジャニ∞メンバー」からは驚きの声が上がりました。

そして、「自分さえよければ、それでいい度」が最も高かったのは「村上信五」で、その回答は「時給が100万円で、国際宇宙ステーションの掃除」というものでした。「注目を浴びるところでなければ、気配りをしない。「こんなすごい場所を掃除している俺を見てくれ!」という自己顕示欲」が見て取れるといいます。




「安田章大」と真逆の結果に、「村上信五」は「うわあ 先生すごいわ」と驚きを隠せません。さらに「時給100万円」には「目立つ仕事しかしない!多額の報酬を要求」する心理が表われているそうで、「村上信五」は「合ってる!自覚ある!」と声を上げます。続けて、「昔から言うてるけど、俺はギャラの分しか仕事はせえへんぞって」といい、ただ「もらったギャラの分は、しっかり働く!」と持論を展開しました。するとここで、「大倉忠義」から「じゃあ「ジャニ勉」、頑張ってはる方ですね?」という質問があり、「村上信五」は食い気味に「めっちゃ頑張ってるでオレ!」と主張します。さらに「「ギャラは」据え置きでやってきてる!」と話し、「スタジオ」は笑いに包まれました。

今回の放送に「ファン」から「対照的な2人の結果に笑った!」「村上くんの回答に納得「笑」」「安田くんの存在が尊い」といった感想が寄せられました。

自己顕示欲が強いからこそ「MC」業にも向いているのが良く分かりますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました