JUMP★いたジャン恒例企画★女子アナ出すな&需要ある★ファンから非難の訳

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「JUMP★いたジャン恒例企画★女子アナ出すな&需要ある★ファンから非難の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系、1月25日放送」は、「山田涼介、高木雄也、八乙女光」が登場しました。「ゲスト」に「フジテレビアナウンサーの渡辺和洋、久代萌美、藤本万梨乃」を迎え、「滑舌カタカナツアー」「第4弾」が放送されました。




この企画は、「“長くて読みづらいカタカナ料理名”」のある飲食店をめぐり、料理名を噛まずに言えたら、「ご褒美メニュー」が食べられるという内容です。今回は「JUMPチーム」と「アナウンサーチーム」に分かれた「チーム戦」で、「佐野瑞樹フジテレビアナウンサー」が判定人となり、彼らの「“滑舌”」を「ジャッジ」しました。

番組冒頭、「アナウンサー」たちを一瞥した「山田涼介」は「なんかいけそうなメンツ」と言い放ち、「カズさんは早々にお亡くなりになるでしょうから。だからぶっちゃけ3対2」と、「渡辺和洋アナウンサー」を挑発します。これに苦笑いする「渡辺和洋アナウンサー」でしたが、新人の「藤本万理乃アナウンサー」について「「元」東大生なので真面目なんですよ」と、この勝負のために傾向と対策を練ってきたと紹介します。すると「山田涼介」は、「自分たちで言うのもなんだけど、そんな真面目に取り組む番組じゃない!」と「ツッコミ」を入れ、笑いを誘っていました。

そんな中、まず「1軒目」に訪れたのは、「東京・中目黒」にある「ピザ屋」「ピッツエリア エ トラットリア ダ イーサ」でした。「第1問」の「マルゲリータアッラコッカ」は全員噛まずに言えたものの、「第2問」の「パンナプロシュットコットエメランザーネ」では「高木雄也」が失敗します。「やべーやっちゃった!」と後悔しつつ、「カズさんの余裕な顔ムカつく!」と捨て台詞です。




「第3問」の「マルゲリータアルプロシュットとトルタミモザ」では「藤本万理乃アナウンサー、渡辺和洋アナウンサー、八乙女光」が失敗します。自身が負けた理由について、「藤本が失敗したので」と「渡辺和洋アナウンサー」が漏らすと、「JUMPメンバー」は「すっごい言い訳」「山田」「ひでー」「高木」と非難轟々でした。ここまで噛まずに残った「山田涼介」と「久代萌美アナウンサー」の一騎打ちとなった「第4問」は、「ピッツァアルタッリョとピッツァッタディレッコ」でしたが、「山田涼介」が失敗します。「アナウンサーチーム」が勝利し、「“本業”」の意地を見せつけていました。「2軒目」の「ロシア料理店、3軒目」の「タイ料理店」も「アナウンサーチーム」が勝ったため、「JUMPチーム」は三連敗という不甲斐ない結果に終わったのでした。

この放送に「ネット」上では、「さすがアナウンサーだね。JUMPチームは練習してから出直そう「笑」」「何かとJUMPにイジられがちな渡辺アナが面白かった。また番組に出てほしいなあ」といった感想のほかに、一部の「ファン」からは「「いたジャン」に女子アナ出さないでくれませんか?JUMPと絡んでほしくない」「JUMPと女子アナの絡みとか、どこに需要あるの?もう二度と出すな!」と批判的な「コメント」も上がっており、賛否両論の企画となったようです。

「JUNPメンバー&女子アナウンサー」との絡みを見てしまうと「ファン」も嫉妬心が出てしまい冷静さを失ってしまうようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました