櫻井翔★結婚&zeroで生報告説★ジャニーズは絶対ないと断言せず

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「櫻井翔★結婚&zeroで生報告説★ジャニーズは絶対ないと断言せず」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・櫻井翔」の「“婚前海外旅行”」が、「2週連続」で「週刊文春」「1月16日、23日発売号/文藝春秋」に報じられました。学生時代の「“元カノ”」である女性とともに、年明けから「ベトナム、ハワイ」へ飛んで「バカンス」を過ごしたという内容で、「嵐ファン」は「もしかして結婚間近では?」と大騒ぎになっています。そんな中、「ジャニーズ事務所」内部からは、「メンバー」について「グループ活動に対する気持ちが冷めきっている」といった声が漏れてくるようです。

かねてから「ジャニーズ」は、「嵐メンバー」に交際報道が出た際、基本的に「結婚だけは絶対にない」と主張してきたとされます。「2020年」いっぱいで「グループ活動」を休止すると発表した際にも、「もしメンバーが結婚するとしても、活休に入ってから」と、「メディア」の取材に答え続けていたといいます。




ところが、「二宮和也」は事務所の意向を「“突破”」する形で、昨年「11月」に「元フリーアナウンサー・伊藤綾子」との入籍を発表しました。「メディア関係者」は「ジャニーズ側」の言い分を信用できなくなり、「櫻井翔」の結婚に関しても「万が一」の可能性が取り沙汰されるようになっています。

「嵐」は昨年「1月」に開いた記者会見で、残り「約2年間」の活動を「ファンへの恩返し」と説明しましたが、その年のうちに「二宮和也」が結婚したことを、「裏切りだ」と受け止める「ファン」も少なくありません。

「二宮和也」の結婚に「祝福メッセージ」を発表したのは、「メンバー」の中で「櫻井翔」と「相葉雅紀」の「2人」だけでした。全員がこの結婚を認めたわけではなかったことが、世間にも「ハッキリ」と伝わってしまい、かつ週刊誌では「“不仲説”」が飛び交う事態となっています。そのうえで、「櫻井翔」まで結婚となったら、「グループ」も「ファン」もさらに大荒れするのは必至です。こうした現状を突き付けられた「ジャニーズ関係者」からは、「メンバーのモチベーションを保つのに、2年間は長すぎた」「19年末で休止だったら、こんなことにはならなかったのでは」といった嘆きの声が漏れているといいます。

そうは言っても、「2020年」は東京五輪の開催年です。世間から、「国民的アイドル」である「嵐」がなんらかの形で「“登板”」することを期待されているだけに、「当然、ジャニーズとしては「なんとしても五輪イヤーを嵐として乗り越えたかった」との思いもあったのでしょう。ただ、そこに「メンバー」の気持ちが追いつかなかったのかもしれません。




今回の「文春」報道も、活動休止に入った来年であれば、ここまで波紋は呼ばなかったかもしれません。

「ファン」の多くが「活休まで結婚はないだろう」と思っていたにもかかわらず、「二宮和也」が「ゴールイン」してしまいました。そのため近頃では、「ネット」上で「櫻井翔」の「“結婚説”」が盛んに「ウワサ」されるようになり、「Twitter」では「櫻井翔」が「レギュラー出演」する「news zero」「日本テレビ系」で「なんらかの生報告がある」といった情報も拡散されています。一方、「マスコミ」も「櫻井翔」結婚説の取材に熱を入れているのですが、「ジャニーズサイド」はこの件について、「ハッキリ」と「絶対にない」とは断定せず、「「“今日は”」何も発表しません」とお茶を濁すような対応をしています。「マスコミ各社」とも気が抜けない状況に陥っています。

「マスコミ」や「スタッフ」、そして「ファン」までも「疑心暗鬼」にさせている「嵐」です。果たして「メンバー」たちの今の胸中はいかに。

「二宮和也」の結婚以降に「メンバー」の結束力が全くなるなるとは「ファン」も予想していなかったでしょうね。「櫻井翔」からの生報告はあるのでしょうか。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました