松村北斗★おっぱい出してフォロワー増やしてるの発言★胸糞と嫌悪の声

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「松村北斗★おっぱい出してフォロワー増やしてるの発言★胸糞と嫌悪の声」の事をお伝えしたいと思います。

「1月22日、Snow Man」と合同の「1stシングル」「Imitation Rain / D.D.」を「リリース」し、「デビュー組」の仲間入りを果たした「SixTONES」です。現在は、「同4日」に「スタート」した「ツアー」「TrackONE -IMPACT-」を開催中ですが、「26日」に福岡で行われた公演での「松村北斗」の発言が話題になっているといいます。「アイドル」としては「ギリギリライン」の「下ネタ」や、先輩である「嵐・二宮和也」の挨拶を「“真似”」したことが「一部ファン」の怒りを買っているようです。

問題になっているのは、「26日」昼公演の「MC」でした。「SixTONES」は、昨年「8月」に「公式インスタグラム」を開設して、現在「71.5万」の「フォロワー」を擁します「27日午後8時現在」が、「MC」中に「インスタグム」をやっている人は「どうやってフォロワー数を集めているのか」といった話になったといいます。これに「松村北斗」が、「俺らみたいな仕事をしてない」にもかかわらず、多数の「フォロワー」を抱える「ユーザー」は「おっぱいとか出してるの?」と「コメント」したそうです。

客席の「ファン」や、「レポート」を「アップ」している人のほとんどは「「おっぱいとか出してるの?」ってアウト発言しちゃう北斗が大好き」などと、笑って受け止めている様子でしたが、この事態を知った「ネットユーザー」や一部の「ファン」からは「おっぱい発言は、シンプルに気持ち悪かった。MCを楽しんでて、急に水を差された気持ち」「フォロワーが多いインスタグラマーに「おっぱい出してんの?」って、胸糞悪すぎる」「「フォロワー多い人って、おっぱい出してんの?」発言は、「ジャニーズ事務所」の「ジェンダー教育」が足りない」「少なからずおっぱいを使って仕事してる人はいるけど、それぞれいろんな理由がある」と、「ドン」引きしています。




また、好意的に受け止めている「ファン」にも、「「女はおっぱい出せば人気とれる」っていう発言をしちゃうアイドルに、ファンは何も思わないの?」「「おっぱい出してんの?」って女性蔑視まがいの発言で沸けるファン、盲目すぎて恐怖」「「おっぱい出してんの」って言うアイドルに喜んでるって、ファンは正気?」と、否定的な声が上がっています。

「SixTONES」といえば、昨秋に「オリジナル曲」「RAM-PAM-PAM」を披露した時も、「下品すぎてありえない」「下品で気持ち悪いからやめてほしい。不快」などと、「バッシング」が相次ぎました。同曲には、「サビ」で「ズボン」を上げ下げする振り付けがあり、「メンバー」は「ゴム」部分に「SixTONES」の「ロゴ」が入った「“見せパン”」を「アピール」しています。また、「グループ」は「デビュー」当時の「KAT-TUN」のような「ヤンチャ」な雰囲気や、「セクシー」さが特徴でもあり、腰を振る「ダンス」を取り入れるなど、際どい場面も少なくありません。それだけに、「一部ジャニーズファン」は「パンツ見せればファンが増えると思ってるから、おっぱい見せればフォロワー増えると思ったのでは?」との指摘も出ていました。

それでも、「Twitter」上には「北斗のおっぱい発言でTwitterが荒れてるけど、おっぱいは男性にもある」「女性軽視って言われてるけど、現場に行ってないファンがレポ見ただけで言わない方がいい」と、擁護の「ツイート」も見受けられます。さらに「松村北斗」は「26日」の夜公演においても、飛行機の「パイロット」の話題から、「ジェシー」が「パイロットだからパイちゃん」と言うと、「おっぱいにあだ名つける時どうするの?」と、珍言を残していたといいます。これに関しても「北斗、昼も夜も「おっぱい」発言してた」「北斗くん、おっぱい好きすぎ」と、興奮気味の書き込みが噴出している状況です。

一方で、「松村北斗」の言動をめぐっては、別の騒ぎも起きています。彼は「1月期」の「向井理主演ドラマ」「10の秘密」「フジテレビ系」の番宣で、「1月16日」放送の「VS嵐」に出演しました。その際、「二宮和也」が「コンサート時」に使っている「定番フレーズ」「いらっしゃいませ!」を「使いたい」と申し出たところ、「全然いい。ただ、僕がずっと「いらっしゃいませ」言っちゃってるから、もう1個乗っけたほうがいいと思うんで。「いらっしゃいませ」って言った後に、「画面タッチいいですか?」を「言ってほしい」。それで初めてオリジナリティになるから」「二宮」と、許可をもらう場面がありました。




さっそく、「松村北斗」は「26日」昼公演からこの挨拶を実行しました。「ファン」に「「画面タッチいいですか?」の後に「ピッ」を言ってほしい」と、呼びかけていたとのことです。公演後、「Twitter」には「北斗の挨拶が「いらっしゃいませ」に!」「「いらっしゃいませ!」の挨拶をして、めちゃめちゃ気持ちよさそうだった」「北斗くん、二宮くんにもらった「いらっしゃいませ!」「画面タッチいいですか?」やってくれた」と、喜びの「レポート」が上がっていましたが。

「嵐」は今年いっぱいで活動休止に入りますから、その後しばらくは「二宮和也」の「いらっしゃいませ」が聞けなくなる可能性もあります。中には、「受け継いでくれてうれしい」という好意的な感想もあるものの、「嵐ファン」は「「いらっしゃいませ」はニノにしか言ってほしくない」「許可が降りたとはいえ、ニノの「いらっしゃいませ」を使うのは不愉快」「SixTONESの子、本当にニノの「いらっしゃいませ」使ったの?個性ないな」「嵐が休止して、ニノの「いらっしゃいませ」は聞けなくなるけど、それでいい。引き継ごうなんて思わないで」と、「ショック」を受けています。例えば、「二宮和也」に強いあこがれを抱いている「関西ジャニーズJr.内ユニット・なにわ男子」の「西畑大吾」らが言うならまだしも、あまり本人と接点のない「松村北斗」が使い続けることで、定着してしまうのが嫌なのでしょう。

多くの人々に愛される「アイドル」になるには、もう少し周りに配慮した発言や行動が求められるのかもしれないですね。

「デビュー」して間もない「ジャニーズアイドル」の軽率な発言はあまり好まれるものではないでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました