スノスト★初週ミリオンの大記録の裏★今後一切やらないで&ファン疲弊

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「スノスト★初週ミリオンの大記録の裏★今後一切やらないで&ファン疲弊」の事をお伝えしたいと思います。

「1月22日」に「ジャニーズ事務所」初の「合同デビューシングル」「Imitation Rain / D.D.」を「リリース」した「SixTONES」と「Snow Man」です。発売初日は「77万2,902枚」を売り上げる「ロケットスタート」を切り、「2月3日付」の「オリコン週間シングルランキング」では「132万8,206枚」で首位を獲得しました。「King&Prince」の「シンデレラガール」「2018年5月発売」の「初週57.7万枚」を大きく上回り、史上初の「“デビューシングル初週ミリオン「100万枚」”」を達成しました。ですが、「ヒット」を飛ばす一方で、「CD」の大量購入や、「ネット」上での応援に力を注いでいた「ファン」は、 心身ともに疲労困憊している人も少なくないようです。

「デビュー」に向け、それぞれ異なる「レコード会社」に所属した「2組」です。「ソニー・ミュージックレーベルズ」「SixTONES所属」より「SixTONES vs Snow Man盤」として「3形態」が販売され、「エイベックス・エンタテインメント」「Snow Man所属」からも「Snow Man vs SixTONES盤」と題した「3形態」が「リリース」され、「計6形態」で展開されました。「オリコン」は「6形態」の合算で集計しているようで、初週売り上げは「132.8万枚」を記録しました。これにより、初週売り上げ枚数で「男性アーティスト歴代1位」に輝いたといいます。




また、「アメリカ」の「音楽チャート・Billboard」「ビルボード」の「日本公式サイト」が「27日」に掲載した情報によれば、「ソニー」から販売された「SixTONES vs Snow Man盤」は「77万6,836枚」を売り上げ、「2月3日付」の「週間シングルセールスチャート」「Billboard JAPAN Top Singles Sales」で「1位」に輝きました。「2位」は「エイベックス」の「Snow Man vs SixTONES盤」で、こちらの売り上げは「75万2,236枚」でした。「オリコン」では判明しなかった「グループ個別」の売り上げ枚数が明らかとなり、また「オリコン」の数値とも大きな違いが見られます。「ビルボード」によると、この「週間チャート」は「リアルストア、コンビニ、Eコーマス約35,000店舗における初回盤、限定盤、通常盤がそれぞれ別集計されている全国推定売上枚数を、商品タイトルごとに合算したシングルセールスチャート」「サウンドスキャンジャパン集計」とのことです。

「ビルボード」によると「1位」の「SixTONES」と「2位」の「Snow Man」の差は「2万4,600枚」であり、「同サイト」では「この差が明後日29日の14時ごろに発表する「総合ソング・チャート」「“JAPAN HOT 100”」でどのような影響をもたらすかが注目されると伝えています。この「JAPAN HOT 100」は、単純に売り上げ枚数の「ランキング」ではなく、そのほかに「ラジオ再生、動画再生、ルックアップ「PCへのCD読み取り数」、ツイート、カラオケ」といった「データ」も反映されるといいます。そのため、「1位」を願う「両ファン」は、あの手この手で「“ビルボード対策”」を講じてきたそうです。

「SixTONES」と「Snow Manファン」は自分が応援する「グループ」を「JAPAN HOT 100」の「1位」にさせたいと、熱い戦いを繰り広げていました。動画再生数が考慮されることから、「YouTube」で公開された「MV」を何度も繰り返して再生しています。その再生回数は、昨年「12月25日」の公開からわずか「1カ月」程度、「1月28日」時点で「SixTONES – Imitation Rain「「Music Video」「YouTube Ver.」」「881万回」、「Snow Man「D.D.」MV「YouTube ver.」」「864万回」に達しています。さらに、「“ツイート”」も対象になるため「Twitter」でも曲名や「グループ名」を入れて投稿するなど、地道な作戦を展開しました。こうした遮二無二な動きに影響され、「他グループ」の「ファン」も「#なにわからストに追い風吹かせます」「#ストの援護射撃しちゃってAぇんですか」といった「ハッシュタグ」をつけながら、「ツイート数」を応援していました。

計測の「タイムリミット」は「26日午後11時台」だったため、「ファン」は「ビルボードの締め切りまで、YouTubeでSnow Manの「D.D.」をどんどん再生する」「締め切りまで、カラオケ、YouTube再生、ツイートでラストスパートかける!」と奮闘していたといいます。これらの涙ぐましい努力のおかげで、「2組」は大記録を打ち立てたわけですが、集計期間終了後には「Twitter」上に「“売り方”」を問う愚痴が数々噴出しています。




「相手グループと競ったことで数字は上がったけど、自分の心はすり減った。彼らのデビューシングルがつらくて苦しい思い出になってしまった」「この売り方はタレントもファンも疲弊がスゴい。元からアンチじゃなくても、売り出し方によって相手グループに対して負の感情が出始めた」「同時デビューでなければ、純粋にスノストの関係性を楽しめていたのに」「SixTONESファンvsSnow Manファンの構図がつらかった。ファンはどうしても攻撃的になっちゃうし」と、精神的に疲れ果てたようです。また「クレジットカード」で「CD」を大量購入した「ファン」からは「次の請求が怖い」といった声も聞かれるようです。

また、「ジャニーズファン」も今回の手法には疑問を抱いているようで、「スノストファンの異常なまでの爆買い。傍から見ると、事務所に踊らされたメンバーとファンが気の毒」「ファンをこんな形で疲弊させてまで、売り上げを求めたのは大失敗。長期的に見て、ファンは必ず脱落する」「ファンの闘争心を煽って、疲弊させるやり方は今回限りにして。こんなことは繰り返さないで」「確かに数字は出たけど、これはスノストファンの意地があってギリギリ成立した。事務所には今後一切こういう売り出し方はやらないでもらいたい」と手厳しい意見が飛び交っている状況です。

次の「シングル」は「両A面」ではなく、「SixTONES・Snow Man」それぞれの作品になるとみられますが、「スタート」が「2組セット」だった分、どうしても数字や「セールス面」を比較する声は出てしまうでしょう。「2組」の「ファン」も、今回のような熱量を「キープ」することはできるのでしょうか。

「2組CD同時デビュー」の「ファン」への影響が出てきてしまうのはもう少し時間がたってからではないでしょうか。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました