西畑大吾★半年待ってもらってもいいですか★ロケをリタイア&道枝駿佑は呆然

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「西畑大吾★半年待ってもらってもいいですか★ロケをリタイア&道枝駿佑は呆然」の事をお伝えしたいと思います。

関西地方で放送されている夕方の「報道・情報番組」「キャスト」「朝日放送」に、「水曜レギュラー」として出演している「関西ジャニーズJr.内ユニット」「なにわ男子」です。「メンバー7人」の中から週替わりで「2人」が「ロケ」に出て、関西のさまざまな仕事に体当たりで「チャレンジ」する「コーナー」「なにわの仕事を学びまSHOW」を担当しています。




「1月29日」の放送回では、「西畑大吾」と「道枝駿佑」が「引っ越し」の仕事に挑戦しました。今回「2人」が訪れたのは、「大阪・豊中市」にある「アート引越センター」です。体力勝負の「イメージ」が強い引っ越し作業ですが、腕立て伏せを「2回」しかできない「道枝駿佑」は「大丈夫かな?俺」と不安を口にします。また、「大吾くんは筋トレしてるから大丈夫」と「道枝駿佑」に言われた「西畑大吾」も、「筋トレしてるけど、腰弱いから」とこちらも自信なさげです。

今回、仕事を学ぶ「アート引越センター」は、日本初の引っ越し専門業者です。およそ「45年前」までの引っ越し作業は、運送会社が「“ついでに”」行うようなものだったそうです。そんな中、大阪で誕生した「アート引越センター」は、引っ越しをこれまでの「“運送業”」から、丁寧に荷物を運ぶ「“サービス業”」に変えた先駆者です。社名の「アート」は、「芸術品を運ぶように運搬する」という意味が込められているとのことです。

早速、「2人」は梱包を学ぶことになりましたが、その「テクニック」に驚きます。その後も重い「ダンボール」の運び方などを教わり、いよいよ大きな家具を運搬する作業に取り掛かります。およそ「50キロ」の「タンス」を持ち上げようとした「2人」でしたが、案の定びくともしません。ですが、「荷締バンド」を持つ腕をねじることで、腕全体に家具の重さが分散し、「女性スタッフ」でも持ち上げることができるのだといいます。実際に「2人」もその方法で試してみると、確かに持ち上がりましたが、「重い。運べと言われたら無理やな」と苦しそうな表情の「西畑大吾」です。ですが、「2人」の試練はここからが本番で、この「タンス」を「1階」から「2階」まで運搬することになります。「道枝駿佑」は呆然とした表情を浮かべ、「西畑大吾」が「半年待ってもらってもいいですか?鍛えてくるんで」と訴える一幕も見られました。




「2人」は「ヨロヨロ」と休憩しながらも、なんとか運搬に成功します。疲労困憊の「2人」でしたが、「丁寧に迅速にしてくださるんだって、身をもって体感できました」と引っ越し業者の「“プロの力”」を実感したようです。「VTR」終了後の「スタジオ」では、「道枝駿佑」が運搬中に階段で「コケ」てしまい、「タンス」の重さが全て「西畑大吾」に乗ってしまったという裏話が披露され、「レギュラー陣」から労いの声をかけられました。

この日の放送に、「ファン」からは「不器用なポンコツコンビが最高!」「道枝くんが華奢すぎて心配になった」「家具に傷がついてもいいから、2人に来てほしい」といった反響が寄せられました。

そう簡単に専門業者の仕事ができるとは「ファン&視聴者」も思っていませんよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました