相葉雅紀★Mステ★落ちたマイクを拾おうとした★よかった&ファン安堵

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★Mステ★落ちたマイクを拾おうとした★よかった&ファン安堵」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・相葉雅紀」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」「文化放送、1月31日深夜放送」にて、昨年「12月27日」放送の「ミュージックステーションウルトラSUPERLIVE 2019」「テレビ朝日系」で起きた、ある「“事件”」の真相が明かされました。




同番組で「感謝カンゲキ雨嵐」「2000年」を披露した際、曲の冒頭で「櫻井翔」が「ラップ」を歌い始めると同時に、「マイク」を落としそうになっていた「相葉雅紀」です。「松本潤」が「キャッチ」したものの、慌てた様子でしゃがみこむ「相葉雅紀」の姿がばっちり「カメラ」に映っており、「ネット」上では「今、何が起こったの!?」「相葉ちゃん転んだ?」「え!? 相葉ちゃん大丈夫!?」と、「ファン」が騒然としていました。

「ラジオ」では、「リスナー」からも「「感謝カンゲキ雨嵐」の最初のところで、相葉くんが突然転びかけてあたふたしてましたよね?「落ちたマイクを拾おうとしたのではないか?」という話もSNSで飛び交っていました。真相はどうなのでしょうか?」という質問が寄せられ、「相葉雅紀」は「大正解ですね。「正解は」「“落ちたマイクを拾おうとした”」です」と答えました。




どうやら、「櫻井翔」が歌い始めるときに動かした右手が「相葉雅紀」の「マイク」に当たり、勢いよく飛んでいってしまったのだそうです。「ヤバイ!マイク落としたらシャレにならん!」と焦った「相葉雅紀」が、慌てて「マイク」を取ろうとしたところ、運よく「松本潤」の脇にすっぽりと入り込んだといいます。「で、松潤にマイクもらって。「ありがとう、ごめんごめん」みたいな」というのが真相のようです。「松本潤」が「マイク」を「キャッチ」したことについては、「落ちなくてよかった」と安堵しつつ、「チームプレー」「ワンチーム」と誇らしげな「相葉雅紀」です。最後に「そういう真相でした」と、「ファン」を安心させていました。

真相が明らかになったことで、「ネット」上では「しゃがんでマイクを受け止めようとした相葉さん、とっさの判断と反射神経がすごい」「マイク事件の真相がわかり、とてもスッキリ。相葉くんがケガしてないかな、と心配だったけどホッとした」「生放送だからアクシデントはつきものだよね。相葉ちゃんが転んでなくてよかったよ~」「嵐さん、ナイスワンチーム!」などの声が寄せられていました。

「アクシデント」が起こっても「チームプレー」で乗り越えられる辺りが「嵐メンバー」の絆の強さを感じますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。