村上信五★生きたクワガタ登場で絶叫★男子高校生にお前、シバくぞと怒鳴った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「村上信五★生きたクワガタ登場で絶叫★男子高校生にお前、シバくぞと怒鳴った」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系」が「2月1日」に放送され、「関ジャニ∞メンバー全員」で登場しました。新企画「きらめけ!学園マイナーズ」が放送されました。

昨年「11月2〜3日」に同局で放送された「FNS27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!」にて、「関ジャニ∞」が「マイナースポーツに青春を捧げる高校生」を紹介しました。その際、「“関ジャニ∞×高校生”」の組み合わせが視聴者から好評を得ていたということで、今回は「マイナーなことに青春を捧げる高校生」が番組に登場し、その魅力を「関ジャニ∞」に「アピール」しました。




関東甲信越の溶接大会で「1位」になるなど、「溶接」へ青春を捧げる男子高校生や、「2年連続」で「フィンランド」に「オーロラ」を見に行った「女子高生2人」が登場します。そして最後には、「クワガタ」を愛する男子高校生が、その魅力を「関ジャニ∞メンバー」に向けて「猛アピール」しました。ですが、「村上信五」は眉間に「シワ」を寄せて「めっちゃ嫌いや」と一言。「村上信五」の「“虫嫌い”」は「ファン」の間で有名ですが、「クワガタ」も同様に苦手のようです。

この男子高校生が「クワガタ」に「ハマ」ったきっかけは、「最初に手に入れたのが海外のクワガタで、その迫力に魅了された」とのことです。現在「16歳」で「高校1年生」ながら界隈では有名だそうで、新種の「クワガタ」を探しに「インドネシア」や「フィリピン・パラワン島」まで採集に行っているそうです。夢は「新種のクワガタを見つけて自分の名前をつけること」だと話しました。

すると「村上信五」は「パラワン島行ったん?ダイビングしなかったん?」と食いつきます。「ダイビング」好きな「村上信五」は、「パラワン島」は「ダイバー」にとって「聖地」だと主張します。ですが、男子高校生は「ダイビング」をしなかったそうで、「村上信五」は「何してんねんな」「パラワン行ったら海潜らんかい!」と説教していたのでした。




実際に何十匹もの「クワガタ」を並べた標本が登場すると、「村上信五」は「うわ~気持ち悪い!」「ちょっとこっち持ってこんといて!」と苦々しい顔を見せ、「大倉忠義」も「最悪や」「めっちゃ怖い」と怖気づきます。一方、「安田章大」と「丸山隆平」は珍しい「クワガタ」に興味津々で、前のめりで標本を観察し、男子高校生を質問攻めにする一幕がありました。

そして、ついに生きた「クワガタ」が登場すると、「村上信五」は「うわうわ、足が嫌やわ!」と思わずその場から逃げてしまいます。そんな「村上信五」を追いかけるように、男子高校生が「クワガタ」を持って「スタジオ」内を歩き始め、「ほんま、ほんまにやめろよ!マジでお前、シバくぞ!!」と絶叫する「村上信五」でした。「横山裕」から「高校生に「シバくぞ」はやめろ!」と注意されてしまうのでした。

男子高校生から見れば「クワガタ」の標本可愛いく思えても「村上信五」にとっては気持ち虫にしか見えないようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。